2022年04月

【ゴールデンウィーク期間中の休業日について】

お客様 各位

日頃は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
ゴールデンウィーク期間中の営業についてお知らせいたします。
弊社ではカレンダー通りの営業となっており、
休業期間は下記の通りとなります。

—————————————————————
2022年4月29日(金)~5月1日(日)

5月3日(火)〜5月5日(木)
—————————————————————

■各種お問い合わせなど
休業中は、メールやお電話等でのお問い合わせに対するご返答が休止となります。
休業中にいただいたメール・FAXでのお問い合わせにつきましては、5月2日(月)または5月6日(金)以降、順次ご連絡させていただきます。
何卒ご理解、ご了承のほどお願い申し上げます。

 

株式会社プロ アルテ ムジケ

【泣く子も黙る?!】ユナイテッド・ユーロ・ブラス・クインテット来日決定!

トランペットの巨匠 ラインホルト・フリードリッヒ率いる夢のブラス・クインテットが遂に来日。このクインテットを聴いたら泣く子も黙る?!

【日時/会場】

広島公演

 7/26(火)18:30/ エリザベト音楽大学 セシリアホール

大阪公演

 7/27(水)19:00/あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

東京公演

 7/29(金)19:00/Hakuju Hall

埼玉公演

 7/30(土)15:00/彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール

【出演】

ユナイテッド・ユーロ ブラス・クインテット

トランペット
 ラインホルト・フリードリッヒ

 イェルーン・ベルワルツ

トロンボーン 

 イアン・バウスフィールド

ホルン

 ラッセ・マウリッツェン

テューバ 

 トーマス・ロイスランド

*出演者は変更になる可能性もございます。予めご了承ください。

【プログラム】

P. ラモー(S. フェルハルスト編):「ダルダニュス」組曲より

エヴァルド:金管五重奏曲第3番 変ニ長調 Op. 7

G.P. テレマン(G. カルリール編):トリオ・ソナタ イ短調 TWV42:a6

W.ルトスワフスキ:小序曲

ヴィヴァルディ(B. ビントナー編):ラ・フォリア

アーノルド:金管五重奏曲第1番

レノン&P. マッカートニー(S. フェルハルスト編):ビートルズ・メドレー

*プログラムは変更になる場合がございます

 

 

【チケット料金】

広島公演

 全席自由 一般4,000円/学生2,000円

大阪公演

 全席指定 一般5,000円/学生3,000円

東京公演

 全席指定 一般6,000円/学生3,500円

埼玉公演

 全席指定 一般5,000円/U25 2,500円/メンバーズ 4,500円

 

プレイガイド

広島公演 
 ローソンチケット
大阪公演 
 ローソンチケット
 あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
東京公演 
 チケットぴあ
埼玉公演 
 SAFチケットセンター 0570-064-939
 彩の国さいたま芸術劇場窓口
 埼玉会館窓口
 イープラス
 チケットぴあ

挾間美帆&デンマークラジオ・ビッグバンド日本ツアー開催決定!

挾間美帆&デンマークラジオ・ビッグバンド(DRBB)

日本ツアー2022 開催決定!

2022年11月 東京・秋田・大阪堺・福井・愛知刈谷・愛知岡崎 その他公演調整中!

 

 

人種差別の激しかった1950-60年代、デンマークの首都コペンハーゲンは、異文化にも寛容な都市であった。アメリカから多くののジャズ・ミュージシャンが演奏旅行へ来たり、そのまま住み着いたりしながら、ヨーロッパでもっとも重要なジャズの拠点となっていく。今でもBen Webster通りやThad Jones通りなど、ジャズのレジェンドたちを記念した通りが残っている。 今回の来日公演では、長らく不在であったDRBBの首席指揮者に2019年に就任した挾間美帆とDRBBが満を持して来日。挾間美帆とDRBBのニューアルバム「イマジナリー・ヴィジョンズ」から、挾間美帆のオリジナル作品はもちろん、DRBBのゴールデン・アーカイヴと呼ばれる「十八番」をお楽しみいただきます!

 

 

●挾間美帆よりメッセージ

私にとって、デンマークラジオ・ビッグバンドとの日本ツアーは、2019年にこのビッグバンドの首席指揮者に就任してからの大きな目標でした。というのも、このビッグバンドと私との出会いの地が日本なのです。2017年の東京JAZZで初共演したときの記憶は私たち全員にとって鮮烈で、バンドメンバーは日本をとても愛してくれており「また戻りたい」といつも言ってくれていました。やっとこのツアーが実現できること、本当にワクワクしています。奇しくも昨年9月にリリースした最新アルバム「イマジナリー・ヴィジョンズ」を携えての公演は、コペンハーゲン以外では世界初となります!あのサド・ジョーンズも愛した歴史ある素晴らしいバンドサウンドを、この機に是非体験していただけたら嬉しいです。    挾間美帆

 

 

●ツアースケジュール

                          2022年

【東京・池袋】11月13日(日) 東京建物ブリリアホール(豊島区立芸術文化劇場)

【秋田】   11月16日(水) 秋田総合生活文化会館アトリオン音楽ホール

【大阪・堺】 11月17日(木) 堺市民芸術文化ホールフェニーチェ堺

【福井】   11月18日(金) 福井県立音楽堂ハーモニーホールふくい

【愛知・岡崎】11月19日(土) 岡崎市シビックセンターコンサートホール

【愛知・刈谷】11月20日(日) 刈谷市総合文化センター大ホール

 その他、公演調整中!

*詳しい情報は会館ホームページなどでご確認ください。尚、現在公演詳細を調整している場合もございます。

 

 

●プロフィール

挾間美帆(首席指揮者)/Miho Hazama 

国立音楽大学およびマンハッタン音楽院大学院卒業。これまでに山下洋輔、東京フィルハーモニー交響楽団、ヤマハ吹奏楽団、NHKドラマ「ランチのアッコちゃん」などに作曲作品を提供。また、坂本龍一、鷺巣詩郎、NHK交響楽団、テレビ朝日「題名のない音楽会」などへ多岐にわたり編曲作品を提供する。2012年にジャズ作曲家としてメジャー・デビュー。これまでに自身のジャズ室内楽団”m_unit”で『ダンサー・イン・ノーホエア』など3枚のアルバムをリリースし、2013年、ジャズジャパン誌年間アルバム大賞(新人賞)受賞、2016年には米ダウンビート誌「未来を担う25人のジャズアーティスト」にアジア人でただ1人選出、2019年ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100」に選ばれるなど高い評価を得る。3作目のアルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』は、2019年米ニューヨーク・タイムズ「ジャズ・アルバム・ベストテン」に選ばれ、米グラミー賞ラージ・ジャズ・アンサンンブル部門ノミネートを果たす。2021年9月、首席指揮者を務めるデンマークラジオ・ビッグバンドとの共演によるアルバム『Imaginary Visions』リリース。 2011年、ASCAP ヤングジャズコンポーザーアワード受賞。2011年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2014年、第24回出光音楽賞受賞。2020年、服部真二音楽賞Inspiring Coachを受賞。2017年からシエナ・ウインド・オーケストラのコンポーザー・イン・レジデンス、2019年からデンマークラジオ・ビッグバンド首席指揮者、2020年にはオランダの名門メトロポール・オーケストラの常任客演指揮者に就任。

 

デンマークラジオ・ビッグバンド/DR Big Band

デンマークラジオ・ビッグバンドは、1964年以来、北欧ジャズシーンの最先端に立ち続けている。このビッグバンドが設立された頃は、コペンハーゲンにアメリカの伝説的ジャズミュージシャン達が勢揃いしていた。サド・ジョーンズ、ボブ・ブルックマイヤー、ジム・マクニーリーといった象徴的なバンドリーダーに率いられて、DRBBは、カウント・ベイシー楽団に在籍したこともあるサキソフォン奏者アーニー・ウィルキンスが「ヨーロッパでベストのビッグバンド」と称するほどに発展した。 今日でもDRBBは、特有の北欧風なヒネリを加えた、真のアメリカン・ビッグバンドのサウンドを届けている。コペンハーゲンのDRコンサートホールを拠点とし、毎シーズン、新しい音楽家を紹介し、ジャンルを超えた刺激的なコラボレーションや、若い作曲家への作品委嘱といった活動を続けている。 マイルス・デイヴィス、スタン・ゲッツ、イリアーヌ・イリアス、ジョン・ヘンダーソンといったスター達と録音した80枚以上のアルバムが、DRBBがオリジナルな創造性に焦点を当て大成功を収めたビッグバンドであることを証明している。DRBBは、グラミー賞を含む権威ある音楽賞を何度も受賞し、ジャズスタンダードから新しい作品まで多彩なビッグバンド・ミュージックのレコーディングを続けている。

 

 

【CD情報 】

デンマークラジオ・ビッグバンド首席指揮者・挾間美帆の最新作!

「イマジナリー・ヴィジョンズ」(挾間美帆 フューチャリング デンマークラジオ・ビッグバンド)

グラミー賞ノミネート「ダンサー・イン・ノーホエア」以来3年ぶりの作品。分厚いビッグ・バンド・サウンドを見事に捉えたUHQCD高音質仕様。収録曲7曲はすべて初めてビッグバンドのために書き下ろしたオリジナル作品!

レーベル:EDITION RECORDS/KING INTERNATIONAL

 

 

後援:デンマーク大使館

Miho Hazama photo: © Agnete Schlichtkrull

〈公演中止のお知らせとチケット振替のご案内 | トロンボーン・ユニット・ハノーファー〉

2022年4月13日

 

〈公演中止のお知らせとチケット振替のご案内〉

 

株式会社プロ アルテ ムジケ

代表取締役 原 源郎

 

平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

世界的に感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、下記公演を中止いたします。

公演を楽しみにされていたお客様には心よりお詫びを申し上げます。事情ご賢察頂き、ご理解賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

 

公演名 :トロンボーン・ユニット・ハノーファー

公演日時:2022年7月22日(火) 19:00開演

    *2020年7月7日(火)および2021年7月14日(水)の延期公演

会場  :渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

 

お手元のチケットは

  1. 他公演へのお振替
  2. 払い戻し

いずれかの対応をさせていただきます。

 

  1. 他公演へのお振替

2022年5月9日(月)19:00開演

クリスチャン・リンドバーグ(Trb.)×ローランド・ペンティネン(Pf.) 東京公演

会場:浜離宮朝日ホール

全席自由 一般6,500円、高校生以下3,000円

●2022年7月13日(水)19:00開演

ニューヨーク・フィル・ブラス・クインテット 東京公演

会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

全席自由 一般6,000円、大学生以下3,500円

 

公演当日、お手持ち公演のチケットは会場受付にてご入場券と交換させていただきます。

*チケット代の差額は頂戴いたしません。

 

2. 払い戻し

上記公演へのご来場が難しいお客様にはチケット代金の払い戻しを行います。

ご購入先により払い戻し方法が異なりますので、下記をご確認の上、お手続きをお願いいたします。

 

 

払い戻し期間:2022年4月18日(月) 〜 2022年5月30日(月)

ご購入先により払い戻し方法が異なります。

 

プロアルテムジケでご購入の場合

お手元にあるすべてのチケットと下記の必要事項を記入した用紙を同封の上、上記払戻し期間内(当日消印有効)に下記送付先まで郵便にてお送りください。

到着後、30日以内にお客様のご指定口座へご返金させていただきます。

 

必要事項:

  • お名前 (フリガナ)
  • お電話番号
  • チケット枚数
  • 口座名義 (フリガナ)
  • 金融機関名
  • 支店名
  • 普通預金または当座預金
  • 口座番号

 

送付先:〒112-0013 東京都文京区音羽1-20-14-5F (株)プロアルテムジケ

『TUH公演払い戻し』係宛

※郵便事故等による不達の場合、払い戻しができません。何卒ご了承下さい。

 

〈払戻し対象〉

・チケット料金

・チケット購入時の送料 (120円または440円)

・チケットご返送時の送料

※プロアルテムジケでお求めいただいたチケットは、他のプレイガイドでは払い戻しができません。

 

チケットぴあでご購入の場合

公演中止・延期等の下記URLでご確認いただけますようお願いいたします。

https://t.pia.jp/guide/refund.jsp

購入先 (コンビニエンスストア、配送、店頭、電子チケットなど)により、払戻し方法が変わりますので、ご確認のうえ期間内にお手続きいただけますようお願いをいたします。

※払い戻し対象は、チケット代金/システム利用料/発券手数料/特別販売利用料となります。

※配送手数料は未配送の場合にのみ払い戻し対象となります。
※決済手数料は払い戻し対象とはなりませんのでご了承ください。

————————–
◆セブン-イレブンにて発券のお客様
本公演につきましては、システムの都合上、セブンイレブン店頭での払い戻し手続きができない状態となっております。
払い戻し受付期間内必着で下記住所(メールセンター)まで、チケットを「簡易書留」「宅配便」「特定記録郵便」でご返送ください。
通常、払い戻し受付期間終了後3~4週間程で「郵便振替払出証書」にてご返金いたします。
(※現在は、通常よりお時間を頂戴しております。)
郵便振替払出証書は、郵便貯金事務センターより緑色の封筒にて届きます。
本人確認証をご持参のうえ、郵便局にて換金してください。

<返送先>
〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター「トロンボーン・ユニット・ハノーファー」宛

<返送時の必要事項>
チケット返送時に必ず下記の内容を記載したメモを同封いただきますようお願いします。
1.ご返金先の住所
2.お名前
3.連絡可能な電話番号(メモの内容と同封内容に相違がある場合、お電話にてご確認させていただくことが あります。)
4.返送チケットの単価
5.返送チケットの枚数

<返送時のご注意>
必ずチケットを入れて、返送をお願い致します。メモのみの送付では払い戻しできませんのでご注意ください。
————————–

 

チケットぴあ お問合せ先 (ヘルプページ) : https://t.pia.jp/help/index.jsp

※チケットぴあでお求めいただいたチケットは、他のプレイガイドでは払い戻しができません。

 

イープラス(e+)でご購入の場合

下記URL (公演中止・延期等) でご確認いただけますようお願いいたします。

https://eplus.jp/sf/updated_events

購入先 (コンビニエンスストア、配送、店頭、電子チケットなど)により、払戻し方法が変わりますので、ご確認のうえ期間内にお手続きいただけますよう、お願いをいたします。

 

※払い戻し対象はご購入方法及び払い戻し方法によって異なりますので、イープラス(e+)サイトにてご確認ください。

※配送手数料は未配送の場合にのみ払い戻し対象となります。
※決済手数料は払い戻し対象とはなりませんのでご了承ください。

 

イープラス(e+) お問合せ先 :

https://support-qa.eplus.jp/hc/ja/categories/360002882874

※イープラス(e+)でお求めいただいたチケットは、他のプレイガイドでは払い戻しができません。

 

 

【チケット振替・払い戻しに関する総合お問合せ先】

株式会社プロ アルテ ムジケ

TEL: 03-3943-6677 HP: www.proarte.jp

 

【単発受講生大募集】ファブリス・ミリシェー パーフェクトロンボーン(全5回)

変わるなら、今しかない。

プロアルテデジライブ 2022 Season 3

 

ファブリス・ミリシェーのレッスンを日本にいながら受けられる!

日程合うなら即申し込み!!

 

さ・ら・に 今ならエントリーするともれなく

大好評だった過去のミリシェー オンラインレッスンの視聴券を 無料でゲット♫

 

【単発受講生(50分1コマ)募集中のレッスン日時】

【第1回】3/30(水) 日本時間17:45〜20:00 

   ▶︎受講生決定!視聴希望の方はこちら

【第2回】4/20(水) 日本時間17:45〜20:00

【第3回】5/25(水) 日本時間17:45〜20:00

【第4回】6/29(水) 日本時間17:45〜20:00

【第5回】7/20(水) 日本時間17:45〜20:00

 ※時間は目安です。

 

【お申し込み方法】

①こちらのフォームから申し込む

受講エントリーはこちらから 

お申込み多数の場合は先生に受講生を選んでいただきます。

予めご了承のほどお願いいたします。

*お申し込み期限:

【第2回】4/10(日) 23:59

【第3回】5/15(日) 23:59

【第4回】6/19(日) 23:59

【第5回】7/10(日) 23:59

 

②ご自身の演奏動画をinfo@proarte.jpに送信

*詳細は応募ガイドラインをご覧ください。

*提出期限:上記お申し込み期限同様

 

③ご受講決定後、プロアルテムジケより

[1]ご受講に関するご案内 [2]過去レッスン動画ご視聴方法 をお送りいたします。

 

*ボタンをクリックすると各項目にジャンプできます

 レッスン開催日時 受講曲 応募ガイドライン 受講料 講師紹介 

 

【レッスン開催日時】

【第1回】3/30(水) 日本時間17:45〜20:00

【第2回】4/20(水) 日本時間17:45〜20:00

【第3回】5/25(水) 日本時間17:45〜20:00

【第4回】6/29(水) 日本時間17:45〜20:00

【第5回】7/20(水) 日本時間17:45〜20:00

※時間は目安です。

 

【受講曲】

任意の楽曲でご受講いただけます。

(過去の例:ダヴィッド:コンチェルティーノ、サン=サーンス:カヴァティーナ、オーケストラスタディ など)

*リサイタル・試験・発表会を控えている

*憧れのあの曲をミリシェー先生にみてもらいたい

など、お待ちしております!

*日本語通訳の先生がいるので、語学に不安があっても問題ございません。

【応募ガイドライン】*必ずご一読ください。

※ご応募の際にはご確認の上、お申込みをお願いいたします。

① Zoomミーティングの使用経験があり、ご自身で音楽モード設定ができる方

*参考リンク:https://kagakucafe.com/2020090611158.html

 

② 安定したインターネット環境を備えたお部屋で受講できる方

アップロードスピード 30Mbps以上。

fast.com より計測可。画面中央下「詳細を表示」をクリック。

 

右側アップロードの数字をご確認下さい。

楽器と端末との距離を2メートルほど確保できるお部屋であればなお良い音響で演奏が配信されます。

 

③ 大きな画面、かつなるべく新しい推奨端末をお持ちの方

パソコン(Mac、Windowsは問いません)やiPadなどのタブレット端末。いずれも機種は新しいものが望ましいです。

スマートフォン (iPhone、アンドロイド)も可能ですが、画面が大きい方がレッスンをご受講しやすいかと思います。

端末マイクは楽器の音に対して相性が悪いことが多いので、外付けマイクの使用を推奨します(ZOOM Q2など)

 

④ 事前に受講曲の演奏動画をご提供できる方 

ファイル形式は原則MP4でご提出ください。

*YouTubeなど動画サイトにアップロードしているリンクでも大丈夫です。

動画は12ヶ月以内のものが望ましく、 演奏会の録画なども可。

提出期限:

【第2回】4/10(日) 23:59

【第3回】5/15(日) 23:59

【第4回】6/19(日) 23:59

【第5回】7/10(日) 23:59

 

⑤ 映像出演に同意いただける方

レッスン(また音響チェック)は生配信・録画し販売いたします。また弊社SNS等で広報映像や写真を使用いたします。

受講お申し込み後に同意書をお送りしますので、ご提出をお願いいたします。

 

【受講料】

マスタークラスA(全5回通しで参加の受講生): 40,000円/全5回(1名)

1回あたり8,000円ととってもお🉐!

→エントリーは締め切りました。

マスタークラスB(各回単発で参加の受講生/複数参加可能): 9,000円/回

 

【♫事前相談を受け付けます♩】

   受講に関するご質問等は、メールまたはZoomミーティングで承ります。

   不安のある方、さらに詳しいことを聞きたい方は、下記よりご連絡ください!

お問合せはこちらから!

 

  【講師紹介】

ファブリス・ミリシェー(トロンボーン)

ミュンヘン国際音楽コンクール優勝。現在活躍するトロンボニストの中でも随一の豊かな才能を持ち、また最も完成された音楽家として絶賛を浴びている。28歳という若さで優勝し、この優勝は1950年に同コンクールが始まって以来、初のトロンボーンでの優勝という快挙であった。

1985年、音楽一家に生まれ、早くからトゥールーズにて音楽を学び始める。当初よりピアノ、チェロ、トロンボーンを並行して学び、高校の頃にはすべてにおいてコンクール優勝など非凡な才能を発揮。トゥールーズ地方音楽院の卒業試験では最高得点を取り卒業。やがてトロンボーンをリヨン音楽院にてミシェル・ベッケ、アラン・マンフラン、サックバットをダニエル・ラサールに師事、チェロも引き続き研鑽を深め、パリにてフィリップ・ミュレール、ロラン・ピドゥ、グザヴィエ・フィリップに師事。

2006年、トロンボーン奏者アウレリエン・オノレー、ジャン・フィリップ・ナヴレ、ファビエン・ドルニと共に、トロンボーンカルテット「カルトボーン」を結成、バロックから現代に至るトロンボーンの進化を表現しようとのコンセプトのもと活発な活動を続けている。

ジョルディ・サバール率いるル・コンセール・デ・ナシオン、ダニエル・ラサールとジャン・ピエール・カニヤック率いるル・ サクブティエ・ド・トゥルーズ、ロランス・エキルベイ率いるインスラ・オーケストラなどと共演。

またウィーン室内管弦楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、ロシア国立エルミタージュ交響楽団、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団、カンヌ管弦楽団、ウクライナ国立管弦楽団などへ客演。ワシントン、北京、東京、ソウル、ミュンヘン、ジュネーヴ、パリなど世界各地でのソロリサイタル、また国際音楽祭にも多く招かれ、イースタン・トロンボーン・ワークショップ(ETW)、金管楽器音楽祭「エプシバル」、ドンブやリムー(フランス)の各管楽器フェスティヴァルなどに出演。

元ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団首席奏者。

現代音楽での活躍も目覚ましく、ミリシェーのための作品は、ジャン・ギユー作曲「トロンボーンとブラスアンサンブルのためのコンチェルト」、エティエンヌ・ペルション作曲「リブレット」、Alain Celo「”L’appel sauvage」、パトリック・ビュルガ「“La chute de Lucifer”(The fall of Lucifer)」など多数にのぼる。

2005年ブダペスト国際トロンボーンコンクール、2006年トゥールーズ・バロック・トロンボーンコンクールにて入賞、そして2007年ミュンへン国際コンクールに優勝を飾り、一躍話題をさらった。2009年より若手音楽家のためのプログラム「Déclic」に参加、同年、芸術文化アカデミーより銀メダルを授与。2011年、フランス最大の音楽大賞「ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジーク」にてRévélation soliste instrumental(最優秀若手音楽家賞)をトロンボニストとして初めて受賞。同年、シャルル・クロス・ アカデミー賞受賞。

若いながらも指導に長けており、2008年よりパリのポール・デュカス音楽院にて教鞭をとり、2009年よりザール音楽大学教授に就任。このことは彼をドイツで一番若い教授にした。それに加え、定期的にフランス、ヨーロッパ各地、またワシントン、北京、ケベックなど世界中のマスタークラスに招かれている。2013年フライブルク音楽大学の教授、パリのコンセルヴァトワールの教授、2020年にはエリザベト音楽大学の客員教授に就任。現在、アントワンヌ・クルトワのアーティストとして、“レジェンド420 NSBHST”を使用している。

 

通訳:小野 隆洋