邦人アーティスト

中川 賢一

ジャンル:指揮&ピアノ

アイディア生きる多彩な活躍 変幻自在のマルチ・ピアニスト

Concert CD Official Web Concert Back Number

中川 賢一 Ken’ichi Nakagawa ,Piano&Conducutor

桐朋学園大学でピアノと指揮を学び、卒業後、ベルギーのアントワープ音楽院ピアノ科首席修了。1997年オランダのガウデアムス国際現代音楽コンクール第3位。1998年に帰国後、ソロ、室内楽、指揮で幅広く活躍。NHK-FM多数出演、新作初演も多い。サントリーサマーフェスティヴァル、東京の夏音楽祭、武生国際音楽祭に度々出演。現代音楽アンサンブル「アンサンブル・ノマド」のピアニスト、指揮者。夏木マリの「印象派」シリーズ連続出演や、故・頼近美津子、伊藤ひろ子、平野文等との朗読と音楽など、他分野とのコラボレーションも活発。「Just Composed in Yokohama 2003」、2004年「超難解音楽祭」(仙台)音楽監督・プロデュースなども行う。東京室内歌劇場においてP.グラス作曲「流刑地」、P.ヒンデミット作曲「往きと帰り」、M.ナイマン作曲「妻を帽子と間違えた男」などの現代オペラを指揮する他、芥川也寸志作曲のオペラ「ヒロシマのオルフェ」では広島交響楽団と共演。最近ではタップダンサーの熊谷和徳との共演で東京フィルハーモニー交響楽団を指揮。東京フィル、札響、水戸室内管等でピアノ演奏とトークを交えたアナリーゼ等を展開。お茶の水女子大学、桐朋学園大学非常勤講師。2001年度宮城県芸術選奨新人賞受賞。

 

オフィシャルWEBサイト http://www.nakagawakenichi.jp
Facebook 中川 賢一

写真クレジット

© Shuhei NEZU