邦人アーティスト

小川 正毅

ジャンル:ホルン

Concert CD Official Web Concert Back Number

小川 正毅 Masaki Ogawa ,Horn

東京都武蔵野市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、1987年同大学音楽学部を卒業後、桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員、山形交響楽団団員、東京ニューシティ管弦楽団、劇団四季ミュージカルオーケストラのメンバー等を経て、現在トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ(管弦楽)、ザ・スペシオーザ★アンサンブルのメンバー、“風の五重奏団”(木管五重奏)、“風の合奏団”プロデューサー、ホルン奏者。みたかジュニアオーケストラ副指揮者。多くのオーケストラに客演する他、ミュージカルの分野では「エリザベート」「王様と私」「ミス・サイゴン」など、特に劇団四季「ライオンキング」には13年に渡り参加。(一財)地域創造の「公共ホール音楽活性化支援事業」登録アーティスト。(公財)音楽文化創造認定の生涯学習音楽指導員A級資格を持つ珍しいホルン奏者。その他多くのアマチュアオーケストラや吹奏楽団のトレーナーとして度々招かれる他、各地で吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテストの審査員を務める。その他「のだめカンタービレ」協力など幅広く活動。“専門家プロファイル” http://profile.ne.jp/pf/masaki-ogawa/ にてコラム連載中。

 

2007年2月、増えてきた「制作を伴う演奏の仕事」のスムーズな進行を願い、ありのみ株式会社を設立。以降演奏と並行して“風の五重奏団”“風の合奏団”をはじめとする木管アンサンブルを中心とした数多くのコンサートや、文化庁による芸術家派遣事業のプロデュースと演奏、CDの制作、オペラのオーケストラ制作等を手掛ける。特に“風の五重奏団”の公演回数は現在年間150回を超えており、我が国で最も活発に活動しているアンサンブルの一つになっている。また最近は木管五重奏を中心にした編曲の機会が増え、その作品の一部は2012年リリースのCD「風の五重奏団~作品番号獣番」に所収。また1997年より個人として「JSWAJ.COM」を運営。

 

室内楽奏者としてのCDは「動物の謝肉祭~風の五重奏団~」「風の五重奏団~17のヴァリエーション~」「風の五重奏団~作品番号獣番」「風の五重奏団~夏の音楽&世界の名曲メドレー集」(以上4作はプロデューサーを兼務)「トウキョウ・ウィンズ」「東京ウィンドソロイスツ」「茂木大輔自作自演集」「伊藤幹翁作品集」がある。2012年リリースのベリオ「作品番号獣番」に於いては、谷川俊太郎訳によるこの楽曲の日本語版の権利関係を調査整理し、この版の初録音のリリースを実現、音楽現代にて推薦盤に選ばれるなど音楽関係各誌で好評を博す。また2015年リリースの「風の五重奏団~夏の音楽&世界の名曲メドレー集」では、編曲後50年を経て初の録音となった近衞秀健編曲作品「世界の名曲メドレー集」の楽譜出版(ドレミ楽譜出版社)に協力、CDと楽譜の同時リリースに尽力した。その他、トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ、人間的楽器学管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団等多数のCDに参加している。

 

1986年にはアスペン音楽祭に奨学生として参加、J.チェルミナーロ氏に師事、1987年にはオーディションに合格し木曽音楽祭に参加。また1990年には山形交響楽団第74回定期演奏会にソリストとして出演、1994年にはNHK「FMリサイタル」に出演。2001年には「イェルク・デームス木管アンサンブル」のメンバーとして巨匠デームス氏と共演。また2002年からは「茂木大輔スーパークインテット」のメンバーとして度々山下洋輔氏と共演。2002年には「トウキョウ・ウィンズ」のメンバーとしてNHK「名曲リサイタル」及び清里音楽祭に出演。2003年秋にはトレーナー(当時)を務めるみたかジュニアオーケストラとナチュラルホルンを使用して2度に渡って共演。2005~2007年にはトウキョウ・モーツァルトプレーヤーズのメンバーとして「ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン」(5月に東京国際フォーラムにて開催)に参加、その後も制作に協力。2017年には「ラ・フォル・ジュルネ新潟」に“風の五重奏団”のメンバーとして参加。

 

ホルンを沖田晏宏、山本真、守山光三、千葉馨(故人)の各氏に、室内楽を中川良平、海鋒正毅の各氏に、ピアノを松前浩子、梅谷進、松浦豊明、神野明の各氏に師事。日本音楽家ユニオン、日本ホルン協会各会員。

 

主な使用楽器:アレキサンダー/103、パックスマン/45M、シュミット/ナチュラルホルン

オフィシャルWEBサイト              
Facebook  

写真クレジット

©高村 祐介