邦人アーティスト

高見 信行

ジャンル:トランペット

Concert CD Official Web Concert Back Number

高見 信行 Nobuyuki Takami ,Trumpet

1979年、岡山県生まれ。 

2003年東京藝術大学音楽学部を経て、ハンス・アイスラー音楽大学(ベルリン)及び、ロストック音楽大学大学院を最優秀にて修了し、ドイツ国家演奏家資格取得。

第19回日本管打楽器コンクールトランペット部門第2位、第75回日本音楽コンクールトランペット部門にて第1位を受賞。 

ソリストとしてフォアポンメルン州立歌劇場交響楽団、ライプツィヒ中央ドイツ室内フィルハーモニー、ライプツィヒ州立吹奏楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団他と共演。ヴィラ・ムジカ・アンサンブルとは、J.S. バッハのブランデンブルク協奏曲第2番を共演し、その模様は、SWR(南西ドイツ放送)にてライブ放送され好評を博す。  

MDR(中部ドイツ放送)交響楽団(準・メルクル音楽監督)、バイエルン州立ホーフ交響楽団、ライプツィヒ歌劇場管弦楽団(首席奏者)、シュトゥットガルト・バッハ・コレギエム(ヘルムート・リリング音楽監督)にてトランペット奏者として在籍した。

2004年よりユンゲ・ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとして活動。

その他、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン州立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、ベルリン交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団などでも活動。

また、音楽祭オーケストラメンバーとしてサイトウ・キネン・フェスティバル、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、東京藝大シンフォニア英国公演、別府アルゲリッチ音楽祭、シュトゥットゥガルト国際バッハアカデミーフェスティバル(ヘルムート・リリング音楽監督)、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル/ワレリー・ゲルギエフ指揮)に参加。

これまでに、板倉駿夫、杉木峯夫、関山幸弘、神代修、太田聡、トーマス・クラモー、ウィリアム・フォアマン、ライナー・アウアバッハ各氏に師事。また、ラインホルト・フリードリッヒ、マティアス・ヘフス、エドワード・タール、ハネス・ロイビン各氏のマスタークラスにて指導を受ける。  

2013年秋より 本拠地を日本に移し活動を開始。  

福武文化財団より第9回文化奨励賞受賞。現在、大阪フィルハーモニー交響楽団、岡山フィルハーモニー管弦楽団登録団員、一般財団法人地域創造公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト。 

オフィシャルWEBサイト              
Facebook  

写真クレジット