邦人アーティスト

柴田 智子

ジャンル:声楽/ソプラノ

「今を生きる喜び」を歌う

Concert CD Official Web Concert Back Number

柴田 智子 Tomoko Shibata,Vocal/Soprano

クラシックというジャンルを越え、世界中の心に届くメロディーを集めて歌い、世界に発信し続けている。

 

単身ニューヨークに渡り、マネス音楽大学、ジュリアード音楽院に学んだ。渡米して初めてのオーディションが英語による團伊玖磨《夕鶴》のつう役。ニューヨーク・タイムズ紙から高い評価を受け、続いて《リゴレット》《ランメルモールのルチア》に出演。《セビリアの理髪師》ではロジーナ役をつとめた。アメリカの永住権を取得し、クロノス・カルテットとの共演も高く評価されたがオペラを勉強するために1988年、イタリア、ミラノへ渡り研鑽を積む。

その後アメリカに戻り、カーネギー・ホールをはじめ主要劇場でオペラやコンサートに出演。新作オペラの世界初演やドニゼッティ、ロッシーニ作品や《魔笛》等の主役をつとめた。読響、東響、新日本フィル、ボストン・ポップスなどオーケストラとの共演も多い。

 

唱法はクラシックを基本としているが、ジャンルを越え、クロスオーバー・ミュージックの世界的先駆者を自認する。SMAP、浅倉大介など著名人とのコラボレーション、FM放送のパーソナリティーをつとめるなどテレビ、ラジオへの出演は多数にのぼる。活動は、ミュージカル《魔女の宅急便》(蜷川幸雄演出)、《ブルーストッキング・レディース》《王様と私》などにまで広がり、バーンスタインやロイド=ウェバーなどのミュージカル名曲CD〈マンハッタン・ドリーム〉を1995年にリリース。翌年のオール・ビートルズ・カバー・アルバム〈レット・イット・ビー〉は世界中で反響を呼んだ。2009年には全曲クラシック音楽のアルバム〈マイ・アメリカン・ドリーム〉を発表した。

 

2001年、ニューヨークでの同時多発テロを体験し、世界で起きている不穏な出来事に対し音楽ができることは何か? を問いかけるために、「Live Music for ‘Tribute to Sep. 11’」コンサートを毎年開催。“野菜と音楽は心のビタミン”をスローガンに2005年にスタートしたキユーピープレゼンツ「柴田智子のサラダ記念日コンサート」や「Love Classics」「Classical Song Party」など、東京で定期的に開催する息の長いコンサートシリーズも重要な活動となっている。2008年からは女性アーティストの生涯を語った音楽劇《ショコラ・ド・マリア・カラス》や《ショコラ・ド・ミラクル》をポピュラーの音楽プロデューサー、浅倉大介の協力で上演する。

2011年からは、東日本大震災の復興支援コンサート「SONGS FOR HOPE」をスタート。

 

2007年、自由が丘オペラ座をオープン。2009年には、株式会社T.S. PROJECT INTERNATIONAL(T.S.P.I.)を設立し代表をつとめる。東京二期会会員。昭和音楽大学講師。

オフィシャルWEBサイト http://www.tomokoshibata.com
Facebook  

写真クレジット