邦人アーティスト

岡崎 ゆみ

ジャンル:ピアノ

Concert CD Official Web Concert Back Number

岡崎 ゆみ  Yumi Okazaki ,Piano

東京藝術大学卒業、同大学院修了、ピアノ専攻。

生後8か月で父の転勤に伴い英国領香港に移住、当地で英国人経営のガーデンロードスクールに通う。6歳で帰国しピアノレッスンを始める。上野音楽学校で客員教授として招聘されていたレオ・シロタ門下の金子茂のもとで12歳までピアノを学ぶ。13歳で羽鳥栄に師事し本格的にピアノを始める。その後、故谷泰子芸大名誉教授に師事しわずか5年で芸大に現役合格する。大学院修士課程2年目の1983年にハンガリー給費留学試験に最優秀で合格し、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。Z・コーネル、F・シャンドールの他、マスタークラスにてゾルタン・コチシュ、オキサナ・ヤブロンスカヤ、ジョルジュ・シェベークに師事。1986年朝日新聞主催第6回「新人音楽コンクール」ピアノ部門に優勝。文部大臣賞を受賞。

 

帰国後、テレビ・ラジオ番組で司会を務め、演奏家として全国でのソロリサイタルに加えて、東京フィルハーモニー、名古屋フィルハーモニー、九州交響楽団を始めオーケストラとの共演。また未就学児・妊婦のためのコンサート、映画音楽をヴァイオリンとチェロで奏でるピアノトリオ公演を行なっている。常に聴衆の立場に立ち、卓越した演奏内容と楽しめるステージ構成のコンサートが観客に大好評である。1989年にキングレコードよりデビューCDを発売、その後ソニーレコードからCDを発売する。2003年のデビュー15周年記念リサイタルでは『マクベス夫人』と題する音楽劇にてマクベス夫人を演じながら演奏、マクベス役を歌 舞伎役者、中村梅玉丞が演じ絶賛される。

エレガントな演奏スタイルから、ヨーロッパブランドを中心にハウスコンサートの依頼も多く、これまでにクリスチャン・ディオール、ヴァンクリーフ&アーペル、カルチェ、ショーメ、グランマニエ、ソシエテ ジェネラル銀行および多くのプライヴェーバンキング、他多数の企業の顧客へ向けたコンサートで演奏をする。

子供の教育にも熱心で幼児のためのコンサート活動を全国で開催。自ら原作/脚本/演出を手がけた「ちびっこのためのクラシック『音符物語』」ではピアニストで母と言う役柄で女優として出演。これは本格的なヴァイオリンとピアノ曲をふんだんに盛り込みながら、子供向けの芝居としても高い評価を受けている。

2004年より始まった和光堂プレゼンツ「ファミリー&プレママクラシックコンサート」は未就学児と妊婦に向けたユニークなコンサートとして全国各地で好評を博す。2005年にCD付き著書「クラシックを聴くと良い子が育つ」を上梓。発売後2週間で丸善本店(丸の内)人文・ノンフィクションの部、第8位にランクイン。よい子を育てるために好影響のあるクラシック音楽のテーマで講演会が増えている。 またクラシックの範囲にこだわらずシンガーの麻倉未稀とコラボレーションを行う。大人の女性がかもしだす雰囲気と洒落た曲の数々でディナーショーやクルージングイベントに多数出演。

(財)ソニー教育財団評議員。2003年よりSony Music Artistsと契約。2007年より米国ワシントン州在住。当地の大学でアメリカ現代音楽と作曲を勉強し、またジャズ演奏をシアトルのジャズピアニスト、ダン・クラムリッチに声楽をリーアン・キャンポスに師事。

 (社)日本演奏連盟 正会員,(社)全日本ピアノ指導者協会 正会員 特定非営利活動法人 子供地球基金 顧問

オフィシャルWEBサイト                   
Facebook  

写真クレジット