お知らせ

【ジョゼフ・アレッシ トロンボーンリサイタル】曲目変更のお知らせ

2019年10月24日 (木)〜28日(月)「ジョゼフ・アレッシ トロンボーンリサイタル」について、出演者の希望により、下記のとおり演奏曲目が変更となりました。お客様には何卒ご理解いただきますよう、心よりお願い申し上げます。

 

【プログラム(変更後)】

 

A.ギルマン: 交響的断章 Op.88

R.シューマン: 幻想小曲集 Op.73

A.コールマン: ヴォックス・フマーナ

———–

L.グレンダール: トロンボーン協奏曲

P.スパーク: ジョーのタンゴ

N.ロータ: トロンボーン協奏曲

 

【当初発表のプログラム】

 

L.グレンダール: トロンボーン協奏曲

R.シューマン: 3つのロマンス Op.94

P.スパーク: ジョーのタンゴ

———–

P.v.エッシュ: 主題と変奏

J.スーク: 愛の歌 Op.7-1

A.コールマン: ヴォックス・フマーナ

 

お問合せ先:プロ アルテ ムジケ 03-3943-6677

【ムノツィル・ブラス!】

 

 

 

 

 公演情報はこちらから!  Official Web 

 

編成 7人編成
メンバー

トランペット

トーマス・ガンシュ  Thomas Gansch 

ロベルト・ローター Robert Rother 

ローマン・リンドベルガー Roman Rindberger 


トロンボーン

レオンハルト・パウル  Leonhard Paul 

ゲアハルト・フュッスル  Gerhard Fussl

ゾルタン・キス  Zoltan Kiss


テューバ

ヴィルフリート・ブランドシュテッター  Wilfried Brandstotter

【メンバー】

トーマス・ガンシュ トランペット

ムノツィル・ブラス創立メンバーのひとり。1993年の創立時、トーマスはたったの17歳、でありながらその実力はウィーン国立歌劇場管弦楽団で演奏するほどの確かなもの。ところがトーマスはやがてジャズへとのめり込み、今ではオーストリア随一の万能トランペッターとなる。

ジャズ、クラシック、そしてその間にあるすべての音楽・・・この男はトランペットで何でも吹きこなす。ステージ上では動きっぱなし、ムノツィル・ブラスのショーのカギ、完璧なタイミングのコメディアンでもある。   

ムノツィル・ブラスのための作曲も多く、また自らのプロジェクトも手がけ、その活動は多岐にわたる。

Trumpet Modell Ganschhorn in B Flat by Schagerl
Mouthpiece Bach 3b Megatone
Flugelhorn Modell Killer Queen in B Flat by Schagerl
Mouthpiece Bach 3c FL

 ロベルト・ローター トランペット

ドナウ川沿い、トーマスと同じメルクの生まれ。道理でふたりとも幼い頃からポルカ、ワルツ、マーチに精通しているわけだ。このオーストリアの伝統音楽を熱く厳しくふたりに授けたのは著名な指揮者だったトーマスの父親。ムノツィル・ブラス初期の頃からレパートリーの要である。 ロベルトのお得意は、泣きのメロディ。彼が吹いている姿を想像するだけで誰もが涙ぐむほど感動的だ。あり得ないほどの美しさと、あり得ないほどのビブラートは、ロベルトのみがなせる技。トーマスとは相反し、ステージ上ではほとんど動かない。代わりに穏やかな落ち着きをステージにもたらす。

Trumpet Modell Wiener Modell in B by Schagerl

Mouthpiece Warburton 3d/4 MD

Flugelhorn Modell Killer Queen in B by Schagerl

Mouthpiece Warburton 3 FL

ローマン・リンドベルガー トランペット

ローマンもまた、音楽一家の生まれ。早くから父親と二人の兄弟と共にオーストリア伝統の音楽を奏で、親しんできた。そんな民族音楽のイベントで、この家族はたびたびゲアハルトの家族と出くわすことになる。というのも、ゲアハルトが住んでいたのはごく近所の村だったから。 技巧的なパッセージを愛してやまないローマン。スイス製の時計のように極めて正確に精巧にこれらを処理する。しかもこれらのパッセージを論理的に解明する理論派でもある。だから、ブラス音楽についての知識を得たいと思う者がいたら、迷うことなくローマンに尋ねよう。 ステージ上でのローマンは、恋するラテン音楽担当。

Trumpet Modell Roman Empire in B Flat by Schagerl

Mouthpiece Breslmair

Mouthpiece Bach FL 1 1/4 C

レオンハルト・パウル トロンボーン

ウィーン近郊メードリング出身。ほかのメンバーと違い、家族の中で唯一初めての音楽家となる。ただし叔父は画家で、ウィーンの立派な家には必ず彼の絵が飾ってあるほどの著名な存在。 最近、我々はレオンハルトのことが少し心配だ。なぜなら、彼は陰のある役にのめり込む傾向がだんだん強くなっているから。ほかのメンバーはカッコいいヒーロー役を争って演じたがるのに、レオンハルトだけはそんな争いには加わらない、進んで悪役を買って出るんだ。彼、大丈夫かな?

Trombone Modell Lito Fontana by Schagerl

Mouthpiece unknown brand

Basstrumpet Prototype in B Flat by Schagerl

Mouthpiece unknown brand

 

ゲアハルト・フュッスル トロンボーン

ローマン・リンドベルガー家とほとんど隣で生まれ育つ。おかげで、幼少の頃から父親と共にブラス音楽に大いに親しんで育つ。 メンバー内では一番の人気者。なぜかといえば、彼がグループの会計係。彼からギャラを渡してもらえるからね。そう、ゲアハルトは最も人徳が高い素晴らしい高貴な人物、彼のいうことは絶対、間違いない。みんなが彼を敬い、丁重に接し、彼も我々にとっても親切(ほとんどの場合にね)。

Schagerl Trombone Model “opus F”

Mouthpiece Giddings & Webster: E-1

ゾルタン・キス トロンボーン

ひとつだけ確かなことは、ゾルタンはオースリアの伝統音楽にはまったく馴染みなく育ったこと。なぜなら彼はハンガリー、ブダペスト生まれだから。ポーランドへの道すがら、ゾルタンはウィーンに立寄り、我々に出会う。以来、クワドリンガル(四カ国語で吹く)トロンボーン奏者として大活躍。 メンバーのなかで流行っているゲームは、これでもか、という難しい楽譜をゾルタンに渡して、彼が吹けるかどうか試してみること。しかしゾルタンはいつでも必ず吹いてしまうんだ、しかもものすごく上手に!彼のテクニックには我々さえもたびたび呆然とさせられる。ゾルタンが吹けない楽譜を誰がいつ作曲できるか、われわれは(うちうちの)賭けをしてるんだ。

Tenortrombone Kissbone by Schagerl

Mouthpiece Lätzsch Zoltan Kiss Edition

Alto Trombone model “Aurora” by Schagerl

Mouthpiece Lätzsch Zoltan Kiss Edition

ヴィルフリート・ブランドシュテッター チューバ

ヴィルフリートの華麗なる音楽歴はリコーダーから始まった。やがて少年合唱団に加わり、更にはヴァイオリン、トランペットへの変遷を経て、ついにテューバを手にしてから心の平安を手に入れることとなる。スピードが早い、遅いなどということはヴィルフリートには関係ない。彼にとっての人生は、ゆったり流れる大河のごとく。ゆえに、彼が求めるのは、コンサートホールを満たすすべての人が、彼のテューバが醸し出す、低く心地よい振動をただ味わってくれること。ヴィルフリートにとっては、どうして多くの人がめまぐるしい高い音域のメロディに熱中するかなんて到底分からないことなのである。

F-Tuba 2260RA Modell Brandstötter Melton/Meinl Weston Mouthpiece Windhager

Mouthpiece Giddings & Webster: E-1

 

 

 

 

公演日程 

【岡山公演】

公演日:2019/12/3(Tue) 

会 場 : 倉敷市芸文館ホール

https://www.proarte.jp/shop/products/detail.php?product_id=2146

【島根公演】

公演日:2019/12/4(Wed) 

会 場 : 島根県民会館

https://www.proarte.jp/shop/products/detail.php?product_id=2147

【富山公演】

公演日:2019/12/5(Thu) 

会 場 : 高周波文化ホール(新湊中央文化会館)大ホール

https://www.proarte.jp/shop/products/detail.php?product_id=2148

【東京公演】

公演日:2019/12/6(Fri)

会 場:杉並公会堂

https://www.proarte.jp/shop/products/detail.php?product_id=2149

【秋田公演】

公演日:2019/12/7(Sat)

会 場:秋田アトリオン音楽ホール

https://www.proarte.jp/shop/products/detail.php?product_id=2150

【鹿児島公演】

公演日:2019/12/8(Sun)

会 場:霧島国際音楽ホール みやまコンセール

https://www.proarte.jp/shop/products/detail.php?product_id=2151

 

 

YouTubeリンク集

 

○J.シュトラウス2世:オペレッタ『こうもり』序曲

 

○”サーカス”公演 プロモーションビデオ

 

○ロンリーボーイ

 

 

PAMクラブ会員を募集しております。

入会金・年会費 “一切無料” で、いち早くブラス公演の情報をお送りしております。

先行発売で良いお席をお取りできるもPAM会員限定!

是非、皆様のご入会をお待ちしております。

 

▶PAM会員入会はこちら

 

 

協力アーティスト所属のお知らせ/佐野 優子(ピアノ)

この度、佐野優子(ピアノ)が弊社の協力アーティストに加わりました。

 

佐野 優子(ピアノ)

プロフィールはこちら

 

日本人初のヤング・スタインウェイ・アーティストを経て、2018年スタインウェイ・アーティストに認定。同年3月にはニューヨークのスタインウェイ本社にて、ハイレゾリューション自動演奏ピアノ「Spirio」のためのレコーディングを行い、5月より全世界で配信された、これからの活躍が期待されるアーティストです。

 

よろしくお願い致します。

 

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、弊社では以下の通りゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 

休業期間:2019年4月27日(土)より5月6日(月)

 

なお、チケット等のお申込はHPより承っておりますが、チケット/商品発送、その他のお問合せにつきましては5月7日(火)以降順次対応させて頂きます。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

訃報/イェルク・デームス(ピアノ)

弊社所属演奏家 ピアニスト、イェルク・デームス氏(1928-2019,ウィーン)が、
4月16日に逝去いたしました。(享年90歳)

デームス氏は、パウル・バドゥラ=スコダ、フリードリヒ・グルダとともに、ウィーンの三羽烏の一人として日本でもよく知られ、昨年11月-12月の来日が最後となりました。苦しみのない平安な旅立ちだったとのことです。
ここに哀悼の意を表し、謹んでお知らせいたします。
 
イェルク・デームス日本代理人
株式会社プロ アルテ ムジケ
代表取締役 原 源郎

【初来日】セプトゥーラ

 

7人の英国金管騎士が遂に日本上陸!

ロンドンの名門オーケストラで活躍する金管奏者による夢のブラス・セプテット!

 

 公演情報はこちらから!  Official Web 

 

編成 7人編成
メンバー

【今回来日メンバー】

トランペット

ヒュー・モーガン  Hue Morgan 

サイモン・コックス Simon Cox 

アラン・トーマス Alan Thomas 


トロンボーン

マシュー・ナイト Matthew Knight 

ピーター・ムーア Peter Moore

ダニエル・ウェスト  Daniel West


テューバ

サーシャ・コウシュク=ヤラリ  Sasha Koushk-Jalali

【メンバー】

ヒュー・モーガン トランペット

バーゼル交響楽団首席奏者。

プラハの春国際音楽コンクール、エルスワース・スミス国際トランペットコンクールで優勝。

ソリストとしてBBC、ウェールズ交響楽団、ノーザン・シンフォニア、アイルランド室内管弦楽団、ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団、ハンブルク・カメラータと協演する他、ロンドン交響楽団、ロイヤル・オペラハウス管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団には定期的に出演している。

サイモン・コックス トランペット

オーロラ管弦楽団首席奏者/セプトゥーラ共同芸術監督

ロンドンのプレイヤーによって結成された新進の室内オーケストラ、オーロラ管弦楽団の首席トランペット奏者であり、英国の主要なオーケストラの多くと定期的に演奏している。

ロンドン大学キングス・カレッジおよび王立音楽院で学んだあと、ヘルシンキ・フィルのメンバーを3年務めた。その後、室内楽への探究を強め王立音楽院で博士号を取得。室内楽としての金管七重奏「セプトゥーラ」を2012年に創設した。マシュー・ナイトとともに芸術監督を務める。

アラン・トーマス トランペット

BBC交響楽団首席奏者。

バーミンガム市交響楽団の首席奏者を経て、2013年よりBBC交響楽団の首席奏者に就任。王立音楽院で教授をつとめ、バーミンガム音楽院でも教鞭を執っている。

マシュー・ナイト トロンボーン

ロイヤル・フィルハーモニー副首席奏者/セプトゥーラ共同芸術監督。

英国のほとんどのオーケストラと共演した他、ロンドン・フィル、ロンドン響、アカデミー室内管などでは客演指揮者として多く登場。マーラー・ユーゲント管のメンバーを経て、王立音楽院で学んだ。

ピーター・ムーア トロンボーン

ロンドン交響楽団副首席奏者。

2008年12歳でBBC若手音楽家コンクール最年少優勝。18歳でロンドン交響楽団副首席奏者に就任。オーケストラ共演や、リサイタルにも多く出演している。2017-18シーズンは、中国、コロンビアでのソロ・ツアーを行い、その後、ロンドンのウィグモアホールでは、武満徹の「ファンタズマ・カントスⅡ」をBBCウェールズ交響楽団と共演する。現代を代表するトップトロンボーン奏者のひとりである。

ダニエル・ウェスト バス・トロンボーン

カナダ生まれ。王立音楽院で学んだ後、英国をはじめヨーロッパの主要オーケストラでバスあるいはコントラバストロンボーン奏者として、数多くのコンサートや録音に参加。とくに、ロンドンのウェストエンドで上演が続くミュージカル「オペラ座の怪人」には、長年出演を重ねている。現在は、多才なフリー・ミュージシャンとしての地位を確立している。

サーシャ・コウシュク=ヤラリ チューバ

フリーランス。王立音楽院で学んだ後、ロンドンを拠点に多くの公演に出演している。

 

 

 

 

公演日程 

【東京公演】

公演日:2019/6/14(Fri) 19:00

会 場 : 小金井 宮地楽器ホール 大ホール

https://www.proarte.jp/shop/products/detail.php?product_id=2085

【茨城公演】

公演日:2019/6/16(Sun) 14:00

会 場 : 茨城県立県民文化センター・大ホール

https://www.proarte.jp/shop/products/detail.php?product_id=2098

【京都公演】

公演日:2019/6/18(Tue) 19:00

会 場 : 京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ

https://www.proarte.jp/shop/products/detail.php?product_id=2066

 

YouTubeリンク集

 

○ガーシュウィン:パリのアメリカ人

○ヘンデル:リナルド組曲

○ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲 第8番 ハ短調 作品110

 

 

PAMクラブ会員を募集しております。

入会金・年会費 “一切無料” で、いち早くブラス公演の情報をお送りしております。

先行発売で良いお席をお取りできるもPAM会員限定!

是非、皆様のご入会をお待ちしております。

 

▶PAM会員入会はこちら

 

 

曲目変更のお知らせ

2019年4月20日 (土)14:00 開演の「エリソ・ボルクヴァゼピアノ・リサイタル」について、出演者の強い希望により、下記のとおり演奏曲目が変更となりました。お客様には何卒ご理解いただきますよう、心よりお願い申し上げます。

 

【プログラム(変更後)】

モーツァルト:ピアノソナタ第17変ロ長調 K.570

ショパン: スケルツォ 第4ホ長調 作品54

フランク: 前奏曲、コラールとフーガ

———–

シューベルト: 即興曲 作品90より 第2,3,4

プロコフィエフ:ピアノソナタ第2作品14

 

【当初発表のプログラム】

モーツァルト:ピアノソナタ第17番 変ロ長調 K.570

ベートーヴェン:ピアノソナタ第3番 ハ長調 作品2-3

————

ショパン: スケルツォ 第4番 ホ長調 作品54

シューベルト: 即興曲 作品90より 第2,3,4番

フランク: 前奏曲、コラールとフーガ

 

お問合せ先:プロ アルテ ムジケ 03-3943-6677

第20回トロンボーン・アカデミー&フェスティバル

■フェスティバルステージ応募について

3月17日(日)【参加団体募集中】

 

アマチュアからプロフェッショナルまで幅広い層を対象とした新たな発表の場として
企画された「フェスティバルステージ」!
1 日間で多くの団体が熱い演奏を繰り広げます。
フェスティバルステージの演奏団体・個人を大募集!
一般学生や社会人はもちろん、音大生やプロも参加OKなので、今後の演奏活動のPRも可能です。
お申込は1枠(15 分)から最大4 枠(1 時間)まで。ホールを借りて演奏会を開くより安い!?

例えば・・・

演奏形態は、カルテット、オクテット、ピアノ伴奏つきソロ、ピアノ・ベース・ドラムス付コンボなど、BigBand、吹奏楽団、オーケストラを従えてのコンチェルトまで、トロンボーンが主体であれば何でもアリです。
(※15分間に入退場の時間も含まれております)


出演料は人数を問わず1枠15分10,000円(1団体4枠まで取ることができます)
これにエントリー団体には、なんと出演者人数分の入場券をプレゼント!
フェスティバルステージ参加者全員の合同演奏企画も予定!!
 
 
 
●フェスティバルステージ参加費
 
1枠(15分)…10,000円
(※1枠につき出演人数分の入場券を無料進呈!)
(※15分間に入退場の時間も含まれております)
 
 
 
●フェスティバルステージ スケジュール
 
3月17日(日)
12:00〜15:00 (予定)   (合計10枠 程度)
 
 
 
● 応募方法
 
メールにて受け付けております。
以下のフォームに必要事項をご記入くださいませ。
info@proarte.jp←こちらをクリック
 
 
 
みなさまのご応募を心よりお待ち申し上げます。
    

 

 

モノトーン クラシカルカレンダー2019 好評発売中!

2019年版カレンダーはオールピアニスト!

プロアルテムジケでしか手に入らない

全12ページのモノトーンカレンダー好評発売中!!

 

 

◆モノトーン クラシカルカレンダー2019

 サイズ:A2(420 × 594ミリ)

 価格:¥1,500(送料込み)

 全12ページ(2019年1月-12月)

 

◆掲載アーティスト

 1月 ペーター・ヤブロンスキー/スウェーデン

 2月 アルトゥール・ピサロ/ポルトガル

 3月 クレア・フアンチ/アメリカ

 4月 エリソ・ボルクヴァゼ/ジョージア

 5月 エドゥアルト・クンツ/ロシア

 6月 ファルカシュ・ガーボル/ハンガリー

 7月 ケマル・ゲキチ/クロアチア

 8月 ピアノ・デュオ クトロヴァッツ/オーストリア

 9月 コンスタンチン・シェルバコフ/ロシア

 10月 ヴァンサン・ラルドゥレ/フランス

 11月 ゴットリープ・ヴァリッシュ/オーストリア

 12月 アンドレアス・ヘフリガー/スイス

 

 

<ご注文方法>

1.お電話にてご注文 03-3943-6677

 (平日10:00〜18:00)

2.メールにてご注文 info@proarte.jp ←こちらをクリック
「お名前、お電話番号、ご住所、郵便番号、注文本数」を必ず明記ください。
お振込先のご案内については、折り返しご連絡させていただきます。
 
発送は代金引き換え郵便での発送となります。
※発送手数料、送料込みで¥1,500円となります。

協力アーティスト所属のお知らせ/伊東 裕(チェロ)

この度、伊東裕(チェロ)が弊社の協力アーティストに加わりました。

 

伊東 裕(チェロ)

プロフィールはこちら

 

第77回日本音楽コンクールチェロ部門第1位他受賞、

葵トリオ(東京芸術大の大学院生と卒業生の3人で結成したトリオ)では

第67回ミュンヘン国際音楽コンクールの三重奏部門で1位受賞をした

これからの活躍が期待されるアーティストです。

 

よろしくお願い致します。