海外アーティスト

アンドレアス・ヘフリガー

ジャンル:ピアノ
国名:ドイツ
招聘時期:2020.5

 

 

Ticket CD Concert Back Number Official Web

 

 

アンドレアス・ヘフリガーは、スイス人音楽一家の元にドイツで生まれる(父は、テノール歌手のエルンスト・ヘフリガー)。

ニューヨークのジュリアード音楽院で学び、早くして一流ピアニストとして名声を得る。アメリカでは、ニューヨーク・フィルをはじめ、クリーヴランド管、ロサンゼルス・フィル、ボストン響、ピッツバーグ響、シカゴ響、サンフランシスコ響と共演、ヨーロッパでも同様にロイヤル・コンセルトヘボウ管、ロッテルダム・フィル、ミュンヘン・フィル、ブダペスト祝祭オーケストラ、ベルリン・ドイツ響、パリ管、ロンドン響、ウィーン響といった著名オーケストラと共演するほか、ルツェルン音楽祭などの音楽祭にも出演している。

1988年にニューヨークでデビューして以来、名門コンサートホールでの公演、北アメリカ、アジアでも注目を浴びている。

ロンドンのヴィグモアホールにて、モーツァルトからリゲティと合わせ、ベートーヴェンピアノ作品を全曲演奏するヘフリガー・シリーズを開催し、このリサイタル・シリーズは彼のCDとも連動している。

最新のプロジェクトは、コペンハーゲン・ルイジアナ美術館に、トップクラスの音楽家を招きリハーサルやコンサートが行われ、2019年1月にはロッテルダム、シンガポール、マドリッド、香港でのツアーを開催予定。

ソニークラシカルからモーツァルト、シューマンといったソロCDの他。デッカからはタカーチ弦楽四重奏団、バリトンのマティアス・ゲルネとのCDをリリース。ゲルネとのシューベルトの録音はドイツ・レコード批評家賞を受賞した。