海外アーティスト

エリソ・ボルクヴァゼ

ジャンル:ピアノ
国名:ジョージア
招聘時期:2019.4/2018.11/2017.11/2014.10

 

 

輝かしいヴィルトゥオージティ、
気品と溢れる個性、 抜群の感性が光るジョージアの星


Ticket CD Concert Back Number Official Web


 

 

●コンサート評より

 

“彼女の音楽性と完璧にコントロールされたテクニックに 深い感銘を受けた”

– ズビン・メータ –

 

“ヴィルトィオージティ、魅力あふれる個性、 深く成熟した音楽性”

– Los Angeles Times by Daniel Cariaga –

 

“恐るべき才能・・・ すべての不安や苦悩を克服する、彼女の途方もない集中力に圧倒された。”

– The New York Times by Bernard Holland –

 

 

●プロフィール エリッソ・ボルクヴァゼ Elisso Bolkvadze

 

ジョージア(旧国名:グルジア)のトビリシに生まれる。4歳でピアノを始め、7歳でオーケストラと初共演した天才は、トリビシ音楽院で更に研鑽を積み、テンギス・アミレジビに師事、またモスクワにてタチアナ・ニコラーエワのマスタークラスにも参加。のちに、フランスの作曲家/音楽家であるミシェル・ソニーにも大きな影響を受ける。ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールをはじめ多くのコンクールで入賞し、ロン=ティボー国際コンクールではフランス音楽の最優秀解釈特別賞を受賞した。
 チェコ・ナショナル交響楽団、サンタフェ祝祭管弦楽団、リトアニア国立交響楽団、ウクライナ国立フィルハーモニー、インスブルック交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、フランス国立管弦楽団、ヒューストン交響楽団、アーカンソー交響楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団などと共演するほか、パリのサル・プレイエル、サル・ガヴォー、シャンゼリゼ劇場、ミュンヘンのヘラクレスザール、フランクフルトの旧オペラ座、コンツェルトハウス・ベルリン、ワシントンのジョン・F・ケネディ・センターなど、世界各地の主要ホールで演奏。
 SONY BMGからはベートーヴェン、ラフマニノフ、リストの協奏曲アルバムをリリース。フランス国営テレビは、ボルクヴァゼのドキュメンタリー番組を放映した。スイスの名門カスカヴェルレーベルからリリースされたCD〈サン=サーンス:コンチェルト第2番〉は、 ザ・ニューヨークタイムズ紙から絶賛された。
 ジョージアでは国民的人気を誇り、政府がメダルを授与。ジョージアの音楽家育成にも力を注いでおり、才能ある若いピアニストを支援するリラ財団を設立。
 また、ジョージア、フランス間の文化交流への貢献に対し、フランス政府から芸術文化勲章”シュヴァリエ”を授与され、ユネスコからはサラ・ブライトマンやセリーヌ・ディオン、吉田都らが名を連ねる「平和のためのアーティスト(ユネスコ平和芸術家)に指名された。
 2018年9月21日にはジョージア文化発展への貢献と芸術活動を評価され、第4代ジョージア大統領のギオルギ・マルグヴェラシヴィリより名誉勲章を授与された。