海外アーティスト

ハンス・ガンシュ

ジャンル:トランペット
国名:オーストリア
招聘時期:2009.11 / 2001.7 / 1999.12

 

Ticket CD Concert Back Number Official Web 

 

 

艶やかで力強い音色から、こまやかで繊細な表現まで… ウィーン・フィルの黄金時代を支えたスーパー・トランペッター

1974年から1976年までリンツ・ブルックナー管の首席奏者、1976年からはオーストリア放送響首席奏者に就任。その後1982年にはウィーン国立劇場管及びウィーン・フィルにソロ・トランペット奏者として15年間在籍し、数々の名演を生んだ。在籍中から特筆すべきテクニック、抜きんでるパワーで” ウィーン・フィルにガンシュあり”とその名を轟かせ、退団後も幅広い分野にてソロ活動を展開し、今なお世界中で絶大な人気を誇る。1997年からはザルツブルク・モーツァルテウム音楽院にて後進の指導にもあたっている。ソリストとして多くのオーケストラと協演の他、「プロ・プラス」や「アート・オブ・ブラス・ウィーン」など室内楽でも国内外で活発な活動を行っている。