海外アーティスト

ファン・カルロス・ロドリゲス

ジャンル:ピアノ
国名:スペイン
招聘時期:2014.7

 

バロックから現代まで

あらゆるスタイルを巧みに操る変幻自在の能力!

 

Juan Carlos Rodriguez
Photo: Marco Borggreve

 

 

Ticket CD Concert Back Number Official Web 

 

 

  • 最近のコンサート評より

“シューマンの表情豊かな魂の真髄をとらえ、絶妙のテンポの選択、フレージング、そして洗練されたダイナミクスのなかで、新鮮でみずみずしい音楽を作り出していた”

– Classical Net / 2013年5月 –

 

“恐ろしいほどに優れたピアニスト。妬ましいほどにセンスのよい音楽が、シューマンでは更に感動的になる。

ロドリゲスのピアニズムは滅多に聴くことのない質の高いものだ。”

– RITMO Magazine / 2013年6月 –

 

  • プロフィール

ファン・カルロス・ロドリゲス Juan Carlos Rodríguez

スペイン・カディス生まれ。Pilar Bilbao(クラウディオ・アラウの愛弟子)に師事。ハンス・グラーフ、ブジェチスラフ・ノヴォトニー、エディス・フィッシャー、ソロモン・ミコフスキーなどの薫陶も受ける。

数々の国際コンクールで目覚ましい活躍を遂げており、レス コルツ国際コンクール(バルセロナ)、サン・セバスティアン市国際ピアノコンクール、ホセ・ロカ国際ピアノコンクール、Ciutat de Manresa国際ピアノコンクール、各1位。

ヘラルド・ディエゴ国際ピアノコンクール(スペイン、ソリア)1位。カタルーニャ音楽堂(バルセロナ)にてピアノ演奏賞受賞。レチージャ=スロアガ国際ピアノコンクール(バリャドリッド)第2位。アルバセテ市国際ピアノコンクール、Samuel de los Santosピアノ賞。Ciutat de Carlet国際ピアノコンクール(ヴァレンシア)第3位、Spanish Performance Music Piano Prize。

スペイン、ポルトガル、フランス、ドイツ、スイス、イタリア各地でリサイタルを開催。サン・セバスチャン·クルサール国際会議場、ファン・マーチ財団(マドリード)、イベルカハ音楽堂(サラゴサ)、カンタブリア・フェスティバルパレス、デウスト大学(ビルバオ)、ヴァレンシア音楽堂、バルセロナ音楽堂、パウル・ヒンデミット財団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウスなどに出演。

スペイン国営放送、カタルーニャ・ムジカ、ラジオ・スイス・ロマンドなどでの収録も多く、高い評価を得ており、特にアルバン・ベルクのソナタop.1の演奏は絶賛を浴びた。

サン・セバスチャン国際音楽祭、Saint Legger Internartional Music Festival(スイス)、ハエン国際音楽祭、カナリア諸島国際音楽祭などに参加、またテネリフェ島国際アカデミー、アンダルシア国際大学、ビトリア=ガステイス国際音楽アカデミーなどでマスタークラスを行っている。多くのアンサンブル、オーケストラにソリストとして共演、カスティリャ・イ・レオン交響楽団、エル・バレス交響楽団、BCNシンフォニエッタなどで、マックス・ブラガド・ダルマン、ゲラシム・ ヴォロンコフ、Francesc Llongueresなどの指揮者と共演、モーツァルトの協奏曲KV466、ベートーヴェンの協奏曲op.19などのCDレコーディングも行っている。

バロックから現代まで幅広いレパートリーを誇り、バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンの全作品をレパートリーに持つ。中国などアジアでのツアー、シューマンの作品をNaxosで収録など、更なる活躍が期待されている。