海外アーティスト

ニュー・トロンボーン・コレクティヴ

ジャンル:トロンボーン九重奏団
国名:多国籍
招聘時期:2021.3

©️Merlijn Doomernik  

Ticket CD Concert Back Number Official Web

 

ニュー・トロンボーン・コレクティヴ

New Trombone Collective

コレクティヴ、それはトロンボニストにとっての一番の目標であり、伝統的なソロをする他の楽器奏者にとっても同様にきっと難しいことであろう。トロンボニストはいつも繋がりを求め、何事にも心を開き、そしてオーケストラの中ではしっかりとしたベースの役割を担っている。

つまりプロのトロンボニストになる為には、個々だけでなくコレクティヴにも重点をおいて日々練習する必要がある。ロッテルダムにいる数人はこれをよく分かっていた。1980年代終わりから90年代初期にかけてこの活動は始まった。トロンボニストによる特別なクラブが音楽学校に集まり…そこではジョージ・ヴィーゲル、後にベン・ファン・ダイク、バート・ファン・リール、ミシェル・ベッケが独特で才能溢れる学生達と一緒にこの活動を始めた。彼らは楽器としてのトロンボーンの新しい試み、そして同時にオランダのオーケストラとアンサンブルのトロンボーンセクションの精度を高めることに全力を注いだ。

2001年からこのコレクティブは現在のニュー・トロンボーン・コレクティヴに名前を替え、真のトロンボニストとしての“魂”を具体化している。楽器の更なる発展を試みながら、才能も一緒に磨きをかけている。このしっかりと団結したグループは様々なところで活発に活動している。トロンボーンの促進が成功すること、そして広く一般に知られることに全てを注ぎ、他に類を見ない最高の情熱と熱意をもって、エリー・アーメリング賞、ITA賞などを受賞。ヨーロピアン・トロンボーン・フェスティヴァル スライド・ファクトリー、ヤング・トロンボーン・コレクティブ、アービー・グリーンへのトリビュートなどの素晴らしい企画を実現し、また音楽出版、スフィアン・スティーヴンス、ブライス・デスナー、ニコ・マーリーのツアーに協力、彼ら自身のアプリも作成している。作曲家とのコラボレーションすることで、エクサイティングなジャズ、現代そしてクラシック音楽の良さを見失うことなく、様々な楽器、演奏スタイル、テクニックと驚くべきコンビネーションを創り出している。唯一無二のコンサートで、世界中の聴衆を魅了している。

 

 

 

 

ロング版プロフィールはこちら トロンボニスト、それはとってもスペシャルな人々だ。トロンボーンのために君はたくさん練習し、一緒に演奏しなくてはならない。それはとても特別なことだ。トロンボニストはいつも繋がりを求め、何事にも心を開き、そしてオーケストラの中ではしっかりとしたベースの役割を担っている。コレクティヴ、それはトロンボニストにとっての一番の目標であり、伝統的なソロをする他の楽器奏者にとっても同様にきっと難しいことであろう。 つまりプロのトロンボニストになる為には、個々だけでなくコレクティヴにも重点をおいて日々練習する必要がある。ロッテルダムにいる数人はこれをよく分かっていた。1980年代終わりから90年代初期にかけてこの活動は始まった。トロンボニストによる特別なクラブが音楽学校に集まり…そこではジョージ・ヴィーゲル、後にベン・ファン・ダイク、バート・ファン・リール、ミシェル・ベッケが独特で才能溢れる学生達と一緒にこの活動を始めた。彼らは楽器としてのトロンボーンの新しい試み、そして同時にオランダのオーケストラとアンサンブルのトロンボーンセクションの精度を高めることに全力を注いだ。 2001年からこのコレクティブは現在のニュー・トロンボーン・コレクティヴに名前を替え、真のトロンボニストとしての“魂”を具体化している。楽器の更なる発展を試みながら、才能も一緒に磨きをかけている。このしっかりと団結したグループは様々なところで活発に活動している。トロンボーンの促進が成功すること、そして広く一般に知られることに全てを注ぎ、他に類を見ない最高の情熱と熱意をもって、エリー・アーメリング賞、ITA賞などを受賞。ヨーロピアン・トロンボーン・フェスティヴァル スライド・ファクトリー、ヤング・トロンボーン・コレクティブ、アービー・グリーンへのトリビュートなどの素晴らしい企画を実現し、また音楽出版、スフィアン・スティーヴンス、ブライス・デスナー、ニコ・マーリーのツアーに協力、彼ら自身のアプリも作成している。作曲家とのコラボレーションすることで、エクサイティングなジャズ、現代そしてクラシック音楽の良さを見失うことなく、様々な楽器、演奏スタイル、テクニックと驚くべきコンビネーションを創り出している。 彼らの様々な経歴とニュー・トロンボーン・コレクティヴを組み合わせることは明らかに難題である。これにより彼らはまた創造的であり互いによく助け合っている。つまり少なくとも年に2回は特別で感動するようなプロジェクトをオランダのみならず世界中で展開している。唯一無二のコンサートで、これを聴いたあなたは創造的で革新的なプログラムに魅了されること間違い無しだ!ウェブサイト、ニュースレター、フェイスブックそしてアプリでぜひニュー・トロンボーン・コレクティヴの活動をチェックして、ぜひコンサートでお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

メンバー

  • テナー・トロンボーン

レムコ・デ・ヤーヘル(ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団) Remko de Jager

クーン・カプテイン Koen Kaptijn

セバスティアン・ケムナー Sebastiaan Kemner

ヨルゲン・ファン・ライエン(ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席) Jörgen van Rijen

アレキサンダー・フェルベーク(ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団首席) Alexander Verbeek

ピエール・フォルダース(ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団首席) Pierre Volders

ジェフリー・カント(ケルンWDR交響楽団) Jeffrey Kant

  • バス・トロンボーン

ブラント・アテマ(オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団) Brandt Attema

マーク・ブーンストラ Mark Boonstra

 

◯Youtube