海外アーティスト

テン・オブ・ザ・ベスト

ジャンル:金管アンサンブル
国名:多国籍
招聘時期:2015.12-

 

世界中から集まった

10人のトランペットのスペシャリストが再び来日!

華やかなアレンジ、驚きのアンサンブルから生まれる

夢のクリスマス・アレンジ!


 

Ticket CD Concert Back Number Official Web 

 

編成 金管10重奏
メンバー トランペット

オットー・ザウター Otto Sauter(ドイツ)

ブライアン・デイヴィス Bryan Davis(アメリカ)

フランク・グリーン Frank Greene(アメリカ)

フランツ・ワグナーマイヤー Franz Wagnermeyer(オーストリア)

ベンクト・ダニエルソン Bengt Danielsson(スウェーデン)

アニール・スーマリー Annel Soomary(イギリス)

井上直樹 Naoki Inoue(日本)

アルマンド・セディッロ Armand Cedillo(メキシコ)

アルフレート・ガール Alfred Gall(オーストリア)

セバスティアン・ギル Sebastián Gil(スペイン)

 

ドラム

ロベルト・ワラ Robert Walla(ドイツ)

ベース

ボド・ユリウス・クリンゲルヘーファー Bodo Julius Klingelhöfer(ドイツ)

ピアノ

ジョー・ドルフ Joe Dorff(アメリカ)


続きを読む…


10人の世界的トランペッターが一緒に演奏するユニークなアンサンブル、「10人のミラクル・トランペッター」は、1991年、ピッコロ・トランペッターの世界的名手、オットー・ザウターのアイディアから誕生。ウィーン国立歌劇場管やザルツブルク・モーツァルテウム管、ストックホルム王立歌劇場管、エーテボリ響の首席奏者や、ヨーロッパ、アメリカの国際的に知名度の高い演奏家が集まった。そうして2008年以来、「10人のミラクル・トランペッター」にピアノ、ベース、ドラムスを加えたアンサンブルは、スティングのギタリスト、ドミニク・ミラー、同じくパーカッショニスト、Rhani Krija、レベル42のキーボード奏者、マイク・リンダップ等と定期的に共演している。

 

グループの設立コンセプトは、クラシック、ジャズ、ポップ・ミュージックを優れたアレンジで演奏し、洗練されたクロスオーヴァー・コンサートで世界の聴衆を魅了することである。彼らと活動を共にしているのは、それぞれのメンバーの得意分野を熟知している世界的なアレンジャーたち。彼らのおかげで、「10人 のミラクル・トランぺッター」から聴こえてくるサウンドは単なるファンファーレではなく、まるでフル編成のオーケストラのようである。アレンジャーたちの中にはグラミー賞受賞者やハリウッドでバーブラ・ストライサンド、フランク・シナトラ、ニール・ダイアモンド、コモドアーズ、プリンスらのスター達と、また、ドイツでピーター・ハーボルツァイマーやウド・ユルゲンス、ペペ・リーンハルト・バンド等と一緒に仕事をしてきた者もいる。

 

「10人のミラクル・トランペッター」は長年にわたり、日本、アメリカ、ヨーロッパへのツアーを幾度となく成功させている。なかでも2001年8月は彼等にとって特別な年となった。ドイツのゲルゼンキルヒェンに新設された、ヨーロッパで最も近代的なサッカー・スタジアムであるアレナ・アウフシャルケで、7 万人の観客を前に、オープニングのために特別に作曲されたファンファーレを演奏したのである。2006年には芸術監督オットー・ザウターのもと、FIFA ワールドカップ2006年ドイツ大会の会期中に行われたフェスティバルで一連のプレー・タイム・ライヴ・シティ・コンサートに出演した。国際サッカー連盟 組織委員会、並びにドイツ大会組織委員会副会長、テオ・ツヴァンツィガーの後援によるこのフェスティバルのテーマは「ドイツを訪問する偉大な国々の音楽」。ブレーメン、ルートヴィヒスハーフェン、リューゲン、ノルデルニーなどの公共施設や歴史的な場所――例えばドレスデンのザクセン州立歌劇場、ヘンデ ルの生地、ハレの市場教会などで、合計16回の公演が無料で開催された。受け入れ国、ドイツの多面的かつ国際的精神を示すのがフェスティバルの目的であっ た。FIFAの意向により、アンサンブルは「10人のミラクル・トランぺッター・プラス・ワン」として11人がトーリア市フィルハーモニック管、ノイブラ ンデンブルク・フィル、シュターツカペレ・ハレなど、コンサート開催地のオーケストラと共演した。

 

 

 

オットー・ザウター Otto Sauter(ドイツ)

現代屈指のピッコロ・トランペットの名手として広く知られており、世界の主要ホールに出演している。1995年12月には、チャールズ皇太子臨席のもと、セント・ジェイムズ宮殿でフィルハーモニア管弦楽団と共演。1998年と2000年にはサン・ピエトロ広場でヨハネ・パウロ2世を前に演奏。2001年には、北京の紫禁城でムハイ・タン指揮の中国国家交響楽団と共演。1988年から1998年まで、ブレーメン州立フィルハーモニー管弦楽団の首席トランペット奏者を務める。1991年からはブレーメン国際トランペット・フェスティヴァル芸術監督を務め、レイ・チャールズ、メイナード・ファーガソン、モーリス・アンドレらの多彩なゲストを招待している。1994年にはブレーメン・トランペット・アカデミーを創設し、世界中の才能ある若いトランペット奏者たちに独自のトレーニング・プログラムを提供している。2007年と2008年には、フォルクスワーゲン社の協力を得て、子供向けテレビ・シリーズ「リトル・アマデウス・ライヴ」コンサートを開始し、ドイツ、オーストリア、スイスの40都市で80公演を開催する。またユニセフ・ドイツ設立50周年には、コンサートのシリーズ化を提唱し、以後モンセラート・カバリエ、ボビー・マクファーリンらの国際的に著名なアーティストを招いて、毎年「オットー・ザウター基金」主催でジョイント・コンサートを開催している。ヴァルトブルク音楽祭、合唱祭「ムジカ・サクラ・ア・ローマ」の芸術監督を務めている。2014年には、国際的な音楽祭、オーケストラ、大学や文化機関における世界的規模での金管楽器のマスタークラス、コンサート、国際交流を目的とするワールド・ブラス・アソシエーションを設立する。

 

これまでに、プラハ放送交響楽団、ライプツィヒ中部ドイツ放送交響楽団、チェコ・フィルハーモニー・オーケストラ、マルメ交響楽団、ベートーヴェン・オーケストラ・ボン、ライプツィヒ・バッハ・コレギウム、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ミュンヘン室内管弦楽団、カペラ・イストロポリターナ、エディタ・グルヴェローヴァ、ホセ・カレラス、ヨスタ・ウィンベルド、イーヴォ・ポゴレリッチ、エレナ・バシキローヴァ、ミヒャエル・メンドル、ズービン・メータ、ダニエル・バレンボイム、クリストフ・ポッペン、マルチェロ・ヴィオッティ、ミキス・テオドラキスと共演している。またロンドンの王立音楽アカデミー、桐朋学園大学をはじめ、アメリカ、ドイツ、ロシアなどの国際的に著名な大学で精力的に教鞭をとっている。