海外アーティスト

タルケヴィ×ヴォイタ×ミリシェー ブラス・トリオ

ジャンル:金管三重奏団
国名:多国籍
招聘時期:2020.11 

 

トッププレイヤーたちが繰り広げる金管楽器の美しい響きと極上のハーモニー

 

Concert CD Concert Back Number

 

タルケヴィ×ヴォイタ×ミリシェー ブラス・トリオ Tarkövi × Vojta × Millischer Brass Trio
編成 3人編成
メンバー トランペット
ガボール・タルケヴィ Gábor Tarkövi
ホルン
プジェミスル・ヴォイタ Přemysl Vojta
トロンボーン
ファブリス・ミリシェー Fabrice Millischer 

ガボール・タルケヴィ,トランペット 

1969年ハンガリーのエステルゴム生まれ。代々の音楽一家に生まれる。ピアノとクラリネットを習ううちに、トランペットに魅せられ、9歳で父イシュトヴァーン・タルケヴィに手ほどきを受ける。早くからオーケストラ奏者を目指すほどトランペットに打ち込むようになる。ジェール音楽学校、フランツ・リスト音楽学校に学び、続いてフランツ・リスト音楽院を卒業。ジェルジ・ガイガー、ハンス・ガンシュ、ジェルジ・クルターグなどに師事し、大きな影響を受ける。ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団副首席奏者、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団首席奏者を経て、1999年バイエルン放送交響楽団の首席奏者となる。2004〜2019年はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者を務めた。2018年よりベルリン芸術大学で教鞭を執る他、現在はソリストとして活動中。

プロ・ブラス、オーストリア・ブラス・コネクション、ウィーン=ベルリン・ブラス・クインテット、ベルリン・フィル ブラス・トリオなどのアンサンブルのメンバーとしても活躍。 ソリストとしてもヨーロッパ、アメリカ、アジアなどで多く出演しており、ベルリン・フィル、ミュンヘン・バッハ管、バイエルン放送響室内管、中国フィル、バッハ・コレギウム・ミュンヘン、新日本フィル、名古屋フィル、ロンドン響などと共演。

これまでにスイスのTudor Classicsより4枚のCDをリリースし批評家から絶賛されている。

 

プジェミスル・ヴォイタ, ホルン

プジェミスル・ヴォイタは同世代の中において、卓越したホルン奏者として世界的に認められている。2010年ARDミュンヘン国際音楽コンクールで第1位を獲得し、話題をさらった。2011年ベートーヴェン・フェスティヴァルにて大成功のデビューを飾り、ベートーヴェン・リング・アワードを受賞した。

1983年チェコ第二の都市、ブルノに生まれ、オルガ・ヴォルダノヴァーのもと10歳でホルンを始める。1998〜2004年、プラハ音楽院にてベドジフ・ティルシャルに師事したのちドイツへ渡り、2004〜2010年、ベルリン芸術大学でクリスティアン=フリードリッヒ・ダルマンに師事した。2008年ドレスデン国立歌劇場管弦楽団の研究生となる。アンドレ・カザレ、ミヒャエル・ヘルツェル、ペーター・ダム、ズデニェク・ティルシャルなどにも教えを受ける。ヴィラ・ムジカ財団、ベルリンのパウル・ヒンデミット協会より受賞。大学在学中より、グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団、EUユース管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団などで活躍。2010〜2015年ベルリン芸術大学、2015〜2017年ケルン音楽舞踊大学では教鞭を執った。

続きはこちら

ソリストとしての活動も目覚ましく、アカデミー室内管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、ヴィースバーデン州立劇場管弦楽団、プラハ・フィルハーモニアと共演。主要音楽祭でのリサイタルも多く、ボン・ベートーヴェン・フェスティヴァル、プラハの春国際音楽祭、ミッテ・ヨーロッパ音楽祭、マウント・オリンパス・フェスティヴァル(サンクトペテルブルク)などへ出演している。

ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、ベルリン国立歌劇場管弦楽団首席を経て、現在はケルンWDR交響楽団の首席を務める。

また、レコーディングではピアニストのトビアス・コッホや沢野智子らとともに、いくつものCDをリリースし、批評家から称賛をつねに受けている。最新アルバムは2018年リリースの「ミヒャエル&ヨーゼフ・ハイドン:ホルン協奏曲(共演:ハイドン・アンサンブル・プラハ)」。

使用楽器は、クラウス・フィーア(Klaus Fehr)モデル3のフレンチホルン、ダニエル・フックス・ウィーンのF管、クルトアのナチュラル・ホルン。


 

ファブリス・ミリシェー,トロンボーン

ミュンヘン国際音楽コンクール優勝。現在活躍するトロンボニストの中でも随一の豊かな才能を持ち、また最も完成された音楽家として絶賛を浴びている。28歳という若さで優勝し、この優勝は1950年に同コンクールが始まって以来、初のトロンボーンでの優勝という快挙であった。

1985年、音楽一家に生まれ、早くからトゥールーズにて音楽を学び始める。当初よりピアノ、チェロ、トロンボーンを並行して学び、高校の頃にはすべてにおいてコンクール優勝など非凡な才能を発揮。トゥールーズ地方音楽院の卒業試験では最高得点を取り卒業。やがてトロンボーンをリヨン音楽院にてミシェル・ベッケ、アラン・マンフラン、サックバットをダニエル・ラサールに師事、チェロも引き続き研鑽を深め、パリにてフィリップ・ミュレール、ロラン・ピドゥ、グザヴィエ・フィリップに師事。

2006年、トロンボーン奏者アウレリエン・オノレー、ジャン・フィリップ・ナヴレ、ファビエン・ドルニと共に、トロンボーンカルテット「カルトボーン」を結成、バロックから現代に至るトロンボーンの進化を表現しようとのコンセプトのもと活発な活動を続けている。

続きはこちら

ジョルディ・サバール率いるル・コンセール・デ・ナシオン、ダニエル・ラサールとジャン・ピエール・カニヤック率いるル・ サクブティエ・ド・トゥルーズ、ロランス・エキルベイ率いるインスラ・オーケストラなどと共演。

またウィーン室内管弦楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、ロシア国立エルミタージュ交響楽団、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団、カンヌ管弦楽団、ウクライナ国立管弦楽団などへ客演。ワシントン、北京、東京、ソウル、ミュンヘン、ジュネーヴ、パリなど世界各地でのソロリサイタル、また国際音楽祭にも多く招かれ、イースタン・トロンボーン・ワークショップ(ETW)、金管楽器音楽祭「エプシバル」、ドンブやリムー(フランス)の各管楽器フェスティヴァルなどに出演。

元ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団首席奏者。

現代音楽での活躍も目覚ましく、ミリシェーのための作品は、ジャン・ギユー作曲「トロンボーンとブラスアンサンブルのためのコンチェルト」、エティエンヌ・ペルション作曲「リブレット」、Alain Celo「”L’appel sauvage」、パトリック・ビュルガ「“La chute de Lucifer”(The fall of Lucifer)」など多数にのぼる。

2005年ブダペスト国際トロンボーンコンクール、2006年トゥールーズ・バロック・トロンボーンコンクールにて入賞、そして2007年ミュンへン国際コンクールに優勝を飾り、一躍話題をさらった。2009年より若手音楽家のためのプログラム「Déclic」に参加、同年、芸術文化アカデミーより銀メダルを授与。2011年、フランス最大の音楽大賞「ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジーク」にてRévélation soliste instrumental(最優秀若手音楽家賞)をトロンボニストとして初めて受賞。同年、シャルル・クロス・ アカデミー賞受賞。

若いながらも指導に長けており、2008年よりパリのポール・デュカス音楽院にて教鞭をとり、2009年よりザール音楽大学教授に就任。このことは彼をドイツで一番若い教授にした。それに加え、定期的にフランス、ヨーロッパ各地、またワシントン、北京、ケベックなど世界中のマスタークラスに招かれている。2013年、フライブルク音楽大学の教授に就任。現在、アントワンヌ・クルトワのアーティストとして、“レジェンド420 NSBHST”を使用している。