佐野優子Talk&Piano Concert

商品コード: 20181111SY
NEW
公演日:2018/11/11(Sun) 13:30

佐野 優子

Talk & Piano Concert

〜ピアノの音色と愉快なトークで楽しむ午後のひととき〜

【日 時】

2018年11月11日(日)13:30開演(13:00開場)

 

【会 場】

イイノホール

 

【入場料】

全席自由

一般前売り 3,500円(当日500円増) 

学生 500円、90歳以上 100円 

 

【特別協賛】

飯野海運/イイノホール

©Olga Lukas
[Program]

スカルラッティ:ソナタ ホ長調 K135
Scarlatti : Sonata in E major K.135

《日本初演》
トーマス・アデス:「ブランカ変奏曲」
(Japan premiere)
Thomas Adès : "Blanca Variations"

シューベルト:即興曲 変ロ長調 op.142-3
Schubert : Impromptu in B-flat major op.142-3

ドビュッシー:映像 第1集
Debussy : "Images"Ⅰ
----------------------
アルフォンソ・レン:「嘆き」より第1-3番
Alfonso Leng : "Doloras"No.1-3

ショパン:マズルカ第23番 ニ長調 作品33-2
     マズルカ第25番 ロ短調 作品33-4
Chopin:Mazurka No.23 in D major op.33-2
    Mazurka No.25 in B minor op.33-4

リスト:スペイン狂詩曲
Liszt : Rhapsodie espagnole

[Profile]

 東京都出身。現在ロンドンに拠点を置き、イギリスと日本をはじめ、アメリカ、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、南米など、これまでに40都市を超える世界各地で演奏活動を展開。その卓越したテクニックと、曇りない変幻自在な音色は世界的に定評がある。2018年3月、ファースト・アルバム「こと葉 Kotoba」をリリースし、音楽各誌でも注目を集めた。
 PIARAピアノコンクール全国大会にて中学部門第1位・全部門グランプリ受賞を機に、15歳で東京フィルハーモニー交響楽団と共演。国内外での精力的なソロ活動の傍ら、高校時代よりアウトリーチ活動にも情熱を注ぎ、母校中学校等でのトーク・コンサート、科学×音楽の共同プロジェクト、アール・ブリュット作品展とのコラボレーションなど、独創的な視点で音楽の新境地に臨んでいる。また、トリリンガルを活かし、各国で行なっているマスタークラスも好評を博す。2017年度の東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校の文科省認定スーパー・グローバル・ハイスクール事業(SGH)では英国間とのコーディネーターを務め、初年度となる同事業の成功に大きく寄与した。
 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学卒業。在学中、ハンガリーのリスト音楽院で一年間研鑽を積む。奨学生としてロンドンの英国王立音楽院の修士課程へ留学。ウォルター・マクファーラン賞、ナンシー・ディキンソン賞、モウド・ホーンズビー賞、Dip RAMを受賞し、首席で卒業。2016年、日本人初となるアドバンスト・ディプロマを取得。これまでに、ピアノを故 松浦豊明、渡辺健二、クリストファー・エルトン、室内楽をマイケル・ドゥセク、音楽学を一柳富美子、ロドリック・チャドウィック、古楽器奏法をキャロル・セラシ、即興法をドミニク・オールディスの各氏に師事。
 日本人初のヤング・スタインウェイ・アーティストを経て、2018年スタインウェイ・アーティストに認定。同年3月にはニューヨークのスタインウェイ本社にて、ハイレゾリューション自動演奏ピアノ「Spirio」のためのレコーディングを行い、5月より全世界で配信されている

通常価格:100~4,000
販売価格:100~3,500
ポイント:0Pt
全席自由 :
数量 :
在庫 :
0
お求めはお問合せまで。 問い合わせる