俣野修子・奈良場恒美 ピアノデュオリサイタルシリーズ vol.3【大阪公演】

商品コード: 20191006MN
公演日:2019/10/6(Sun) 15:00

俣野修子・奈良場恒美 

ピアノデュオリサイタルシリーズ

pianist plus pianist vol.3

 

[会 場]

いずみホール 

 

[当日指定] 

一般/¥4,000 ペア/¥7,000 学生/¥2,000

 

[後 援]

(公社)日本演奏連盟

(公財)日本ピアノ教育連盟

(一社)全日本ピアノ指導者協会

京都市立芸術大学音楽学部

 

[マネジメント・チケット・お問合せ]

大阪アーティスト協会

TEL.06-6135-0503

www.oaa1985.com

 

令和元年度(第74回)文化庁芸術祭参加公演

[Program]

チャイコフスキー:バレエ組曲『くるみ割り人形』Op.71a 連弾版(4手連弾)
P.I.Tchaikovsky:The nutcracker suite Op.71a
アレンスキー:組曲第1番 Op.15(2台ピアノ)
A.Arensky:Suite No.1 Op.15
ラフマニノフ:組曲第1番『幻想的絵画』Op.5より「舟唄」(2台ピアノ)
       組曲第2番 Op.17(2台ピアノ)
S.Rachmaninov:Suite No.1 Fantaisie-tableaux Op.5"Barcarolle"
Suite No.2 Op.17

[Profile]

俣野 修子(ピアノ) Nagako Matano 
ジュネーヴ音楽院 演奏家課程/post-graduate course(現 ジュネーヴ高等音楽院大学院)首席修了。
同音楽院にてL.ヒルトブラン教授に師事。修了時には、演奏家課程1等賞、パデレフスキー記念フィリッピネッティ特別賞を受賞。
1985年、大阪にてデビューリサイタル。以後、東京、大阪でリサイタル、NHK FMフレッシュコンサート、ジョイントリサイタルの他、内外の音楽家と数多く共演し、関東・関西を中心に、ソロ・室内楽の分野で意欲的な演奏活動を行っている。
近年では、2009年・2011年・2014年・2016年に関西と東京でリサイタルを行い、2003~2009年『俣野修子 モーツァルトとシューベルトの夕べ』シリーズにて、その美しい響きと豊かなイマジネーションに彩られたモーツァルトや深い人間性の滲み出たシューベルトが好評を博した。2009~2013年の室内楽シリーズ『楽興の時』も好評のうちに完結した。
現在、京都市立芸術大学において、後進の指導にあたっている。

奈良場 恒美(ピアノ) Tsunemi Naraba 
桐朋学園女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学卒業。ジュネーヴ音楽院 演奏家課程/post-graduate course(現 ジュネーヴ高等音楽院大学院)修了。
1980年、マリア・カナルス国際コンクールディプロマ賞受賞。1982年には、ヴィオッティ国際コンクールディプロマ賞、並びに、第7回チャイコフスキー国際コンクール最優秀伴奏者賞受賞。
1984年1月東京文化会館小ホールにてデビューリサイタル。以後、定期的に東京文化会館にてリサイタルを開催している。日本各地でリサイタルを行う他、NHK-FM「午後のリサイタル」「フレッシュコンサート」「FMリサイタル」に多数出演。
また、室内楽奏者としても、千住真理子氏のパートナーとして全国各地で多くのコンサート(1985~1988年)に出演する他、内外の音楽家と数多く共演。
これまでに、林秀光、田辺緑、大島正泰、L.ヒルトブランの各氏に師事。
桐朋学園大学教授、国立音楽大学非常勤講師。

通常価格:2,000~7,000
販売価格:2,000~7,000
ポイント:0Pt
全席指定 :
数量 :
在庫 :
0
お求めはお問合せまで。 問い合わせる