中井恒仁 & 武田美和子 ピアノデュオ・リサイタル

商品コード: 20191121NT
公演日:2019/11/21(Thu) 19:00

中井恒仁 & 武田美和子 ピアノデュオ・リサイタル

デュオ結成20周年記念 & 新譜CD発売記念コンサート

 

2019年11月21日 (木)  開演 19:00   (開場 18:30)

東京文化会館小ホール (台東区上野公園5-45    TEL:03-3828-2111)

料金:全自由席 5,000円

 

プログラム

C.サン=サーンス:動物の謝肉祭 

ゲスト:加藤知子・佐々木 歩 (ヴァイオリン)、佐々木 亮 (ヴィオラ)、長谷川陽子 (チェロ)、吉田 秀 (コントラバス)

    神田寛明 (フルート)、亀井良信 (クラリネット)、小島 光・腰野真那 (パーカッション)

 

ベートーヴェン:交響曲第9番 二短調 作品125  F.リストによる2台ピアノ版

 

出演者プロフィール

ピアノデュオ 中井恒仁&武田美和子     

Piano Duo Miwako Takeda&Nobuhito Nakai

日本で唯一、世界でも大変稀な、それぞれのソロとデュオ両部門で「国際音楽コンクール世界連盟WFIMC」加盟のコンクールで入賞しているピアノデュオ。夫妻で共に東京藝術大学、ミュンヘン音楽大学大学院修了後、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学にて研鑽を積む。ピアノデュオをA.コンタルスキー氏に師事。1999年にデュオを結成し、同年「マレー・ドラノフ国際2台ピアノコンクール(USA)」入賞後、アメリカでの3日連続リサイタルを皮切りに本格的なデュオ活動もスタートさせる。日本でも全国各地で多くのピアノデュオリサイタルを行い「日本が誇る真のデュオであり英駿の音楽家である」など高い評価を得ている。8月に6枚目のデュオCD「An die Freude」をリリース。「新世界より&スラヴ舞曲集」と「ファンタジー」両盤はレコード芸術誌特選盤に選出され、全日空国際線オーディオ番組でも放送される。NHK-BSテレビ「名曲探偵アマデウス」「ぴあのピア」、FM「名曲リサイタル」に出演、音楽誌「ショパン」の連載やピアノデュオ特集では表紙を飾る。久留島武彦文化賞受賞。近年では、フランスの音楽祭出演、ドイツやイギリスでも多くのリサイタルを行い、「ナイトの称号を与えるべき音楽芸術」と最高級の言葉で新聞紙上にて絶賛されている。また、フランスのMusicAlp国際音楽アカデミーや韓国のJirisan国際音楽フェスティバルに指導と演奏で招聘される。今年は中国での演奏会も予定されている。ともにフコク生命パートナーアーティスト。

ウェブサイト http://nakai-takeda.com

ツイッター   http://twitter.com/nakai_takeda

 

 

中井恒仁(ピアノ)

Nobuhito NAKAI,Piano

DAADの奨学生としてドイツ留学。日本音楽コンクール第3位、ブラームス国際音楽コンクール第2位・聴衆賞、セニガリア国際ピアノコンクール第1位・室内楽賞・歌曲伴奏賞、ヴィオッティ国際音楽コンクール’97(ヴェルチェリ)第3位、プラハの春国際音楽コンクールディプロマ、マヴィ・マルコツ国際ピアノコンクール最高位。渡辺洋子、戸沢盛男・睦子、梅谷進、植田克己、G・オピッツ、K=H・ケンマーリング各氏に師事。G・ベルティーニ指揮・都響やW・ケンプ生誕100周年記念・ベートーヴェン・ピアノ協奏曲全曲演奏会(伊)出演等、内外のオーケストラとの協演も多い。ブラームスのピアノ作品全曲(ソロ・連弾・2台ピアノ)演奏会を行った。CD「ブラームス」をリリース。現在、桐朋学園大学ピアノ部会主任教授、名古屋音楽大学客員教授。

 

 

 

武田美和子(ピアノ)

Miwako TAKEDA,Piano

全日本学生音楽コンクール高等学校の部・北海道第1位、東日本第2位、マリア・カナルス国際音楽コンクール第3位・審査員特別賞、ヴィオッティ国際音楽コンクール’98(ヴェルチェリ)第3位入賞の他、パルマ・ドーロ、ローマ、マザーラ・デル・バッロ、マヴィ・マルコツ、エンニオ・ポリーノ、各国際コンクールにて受賞。村田紘監、水田香、植田克己、M・ヒューエンリーダー、A・コンタルスキー各氏に師事。ライ・イタリア国立放送響、オラデアフィル(ルーマニア)などと協演。モーツァルトの演奏において、その世界的権威であるI・ヘブラー氏やP・ラング氏に称讃される。CD「武田美和子プレイズリスト」、「カンタンド・アンジェリーコ」をリリース。上野学園大学、埼玉県立大宮光陵高等学校、桐朋学園大学大学院講師。

 

共演者

加藤知子 (ヴァイオリン)

1982年チャイコフスキー国際コンクール第2位受賞。世界各地でオーケストラとの共演やリサイタル、室内楽に出演。桐朋学園大学教授。

 

佐々木 歩 (ヴァイオリン)

桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、渡米。ジュリアード音楽院にて学士、修士号取得。現在、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室、洗足学園音楽大学講師。

 

佐々木 亮 (ヴィオラ)

東京藝術大学卒業。在学中、安宅賞受賞。ジュリアード音楽院で研鑽を積み、アスペン音楽祭、マルボロ音楽祭に参加。2004年にNHK交響楽団入団、2008年より首席奏者。

 

長谷川陽子 (チェロ)

これまでNHK 交響楽団、プラハ交響楽団等、国内外の主要オーケストラとの共演多数。ロストロポーヴィチ国際コン特別賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞等、受賞多数。
公式HP http://yoko-hasegawa.com/

 

吉田 秀 (コントラバス)

東京藝術大学卒業。NHK交響楽団首席奏者。東京藝術大学教授、東京音楽大学、相愛大学客員教授、沖縄県立芸術大学非常勤講師。

 

神田寛明 (フルート)

NHK交響楽団首席フルート奏者、桐朋学園大学教授、大阪芸術大学客員教授、東京藝術大学講師。東京藝術大学大学院修了。

 

亀井良信(クラリネット)

桐朋女子高等学校音楽科を卒業後渡仏。ブーレーズに認められ、騎馬オペラ団ZINGAROのソリストを務めた。出光音楽賞受賞。桐朋学園大学准教授。

 

小島 光 (打楽器)

桐朋学園大学打楽器科卒業後、新日本フィルハーモニー交響楽団に41年間在籍。

桐朋学園大学音楽学部打楽器科 特任教授 昭和音楽大学打楽器科講師。

 

腰野真那 (打楽器)

武蔵野音楽大学卒業。桐朋オーケストラアカデミー修了。2016年、新日本フィルハーモニー交響楽団に打楽器奏者として入団。

 

 

通常価格:5,000
販売価格:5,000
ポイント:0Pt
全席自由 :
数量 :
在庫 :
有り