俣野修子室内楽シリーズ"楽興の時 plus" チェロ上村昇&ピアノ俣野修子 デュオリサイタル

商品コード: 20221023NM
公演日:2022/10/23(Sun) 14:00

俣野修子 室内楽シリーズ “楽興の時 plus”

チェロ 上村 昇 & ピアノ 俣野修子 デュオリサイタル

 

[日 時]

2022年10月23日14:00(13:30開場)

 

[会 場]

東京文化会館小ホール

 

[入場料]

全席自由 一般/¥4,000 学生/¥2,000  ペア/¥7,000 

※4月27日 一般発売開始

[後 援]

(公財)日本演奏連盟/京都市立芸術大学音楽学部/(一社)全日本ピアノ指導者協会

 

[お問合せ]

プロアルテムジケ 03-3943-6677

 

[Program]

ベートーヴェン:モーツァルトの「魔笛」の主題による12の変奏曲 op.66
ベートーヴェン:ピアノとチェロのためのソナタ op.69
シューマン:幻想小曲集 (チェロとピアノ版) op.73
ブラームス:ピアノとチェロのためのソナタ op.38

[Profile]

俣野修子[ピアノ]Nagako Matano, piano
ジュネーヴ音楽院 演奏家課程(post-graduate course)首席修了。
同音楽院にてL.ヒルトブラン教授に師事。同音楽院在学中より、スイス・フランスでのリサイタル等、演奏活動を始め、修了時には、演奏家課程1等賞、パデレフスキー記念フィリッピネッティ特別賞を受賞。
1985年、大阪にてデビューリサイタル。以後、東京、大阪でリサイタル、NHK-FMフレッシュコンサート、ジョイントリサイタルの他、奈良場恒美氏、上村昇氏、テレマン室内管弦楽団、モーツァルト室内管弦楽団、スロバキア四重奏団、M・ノスティッツ弦楽四重奏団、ベルリン弦楽四重奏団等、内外の音楽家と数多く共演し、関東・関西を中心に、ソロ・室内楽の分野で意欲的な演奏活動を行っている。
 近年では、2009年・2011年・2014年・2016年に関西と東京でリサイタルを行い、2003年~2009年『俣野修子 モーツァルトとシューベルトの夕べ』シリーズにて、その美しい響きと豊かなイマジネーションに彩られたモーツァルトや深い人間性の滲み出たシューベルトが好評を博した。
2009年~2013年の室内楽シリーズ『楽興の時』(公財・日本室内楽振興財団助成公演)も好評のうちに完結し、2015年開始のピアノデュオシリーズ『pianist plus pianist』も毎回高い評価を得ている。
2018年4月からの『Salon de Nagako à 馬車道』に加え、2019年4月からは『ピアニスト と ピアノ製作マイスターの対話』レクチャーコンサートをシリーズで行い、2021年より、渋谷ノナカ・アンナホールにて、ピアノサロンコンサートシリーズ『Salon de Nagako à Nonaka Anna Hall』を開催。
加えて、公開レッスン、公開講座等をシリーズで行う他、各地の様々なコンクールの審査員を務めている。
1985年より京都市立芸術大学にて後進の指導にあたる。
日本演奏連盟、日本音楽表現学会、日本ピアノ教育連盟、全日本ピアノ指導者協会(PTNA)各正会員。

通常価格:2,000~7,000
販売価格:2,000~7,000
ポイント:0Pt
全席自由 :
数量 :
在庫 :
有り